ドラムのレッスンを受けたい方はこちら

ドラムを始めたい人必見!ドラムを叩けるようになるまでのスタートガイド

バンドの中でも絶対的人数が少ないパート、それはドラムです。

いつの時代も多くのバンドが「ドラムがいないー」とドラマー不足に頭を悩ませているのが現状です。

いったいそれはなぜかというと、ドラムという楽器が他の楽器に比べて敷居が高いと思われがちだからではないでしょうか。

「あんなに大きな機材家には置けないし…」「音がうるさくて練習できないじゃん!」「そもそも練習って何すればいいの?」などドラムという楽器が上手くなるまでにはいくつもの壁があるように感じている人も多いのではないかと思います。

しかし決してそんなことはなく、スティックさえあれば、なんならスティックさえなくても練習することは可能なのです。

そこで今回は、これからドラムを始めたいと思っている人がどうやって練習をしていけばいいのか、また簡単にできる自宅練習方法などを解説していきたいと思います。

ドラムを始めるために必要なものは?

まずは一番気になる必要な機材についてです。

そもそも、「ギターを練習するためにはギターが必要」「ベースを練習するためにはベースが必要」と、その楽器を練習するためには一般的にはその楽器を用意しないと練習はできませんが、ドラムを練習するためにドラムセットを用意する必要はありません。

もちろん厳密にいうと生のドラムセットを用意して練習するのが一番いいに決まっていますが、それはプロを目指すくらいの人にとってであって、趣味でドラムやってみたいというくらいの方には全く必要ありません。

そもそも、プロのドラマーでも自宅に完全なドラムキッドとその音に耐えられるだけの防音設備のある部屋を持っている人の方が少ないはずです。

スティックもあるに越したことはないですが、最悪なくてもできる練習はあります。

まずはじめにドラムという楽器の練習として大切なことは「手足がバラバラに動くということに慣れる」ということなので、ドラムセットがなくてもスティックがなくても椅子に座って自分の手足をドラムのパターンの通りに動かしてみるだけで十分練習になるんです。

またスティックに関しては、たくさんのサイトで紹介されているものの多くが「2本で1セット」になっているスティック場合が多いです。

この手のスティックは2本1セットで1000円強、高いものだと3000円するくらいのものもあるので初心者の方はちょっと高いと感じる方も多いと思います。

スティックというのはギターやベースの弦と同じように消耗品ですので、最初のうちはそれぞれの楽器屋さんが独自に作っている自社ブランドのスティックなどで十分です。

その方が価格も安価で、6本で1500円程度で購入することができますのでコスパも良く本数が多いので長持ちします。

歴を重ねて自分なりのこだわりが出てきたときに是非色んなタイプのスティックを試してみてください。

そしてこれも絶対なくてはならないというものではありませんが、あったら便利だというものは「練習用パット」です。

スタンドがついているものでも安いもので10000円以内で買えると思いますので、持っておくと自宅での基礎練習などの際に非常に重宝します。

ない方やすぐに用意ができない方は週刊誌などの雑誌を何冊か重ねて使用するだけでも十分です。

スティックなし!?今からできる練習方法

それでは、今すぐに簡単にできる初心者向け練習方法を紹介していきます。

8ビート

  • STEP.1
    椅子に座った状態で右手で右の太ももを8回叩きます(本来はハイハットを叩きます)
  • STEP.2
    右手を8回叩くうち、3・7回目で左手を同時に叩きます(本来はスネアを叩きます 慣れるまで何度も練習してください)
  • STEP.3
    その両手の動きを崩さないように、1回目の時に右足を踏みます(本来はバスドラムを踏みます 慣れるまで何度も練習してください)
  • STEP.4
    その動きを繰り返しながら、5回目の時にも右足を踏みます(1・5回目に右足を踏んでいる状態)
  • STEP.5
    その動きを繰り返しながら、6回目の時にも右足を踏みます(1・5・6回目に右足を踏んでいる状態)
これがドラムで一番オーソドックスな「8ビート」というリズムパターンです(右手を1小節に8回叩いているから)。

他にも、手の動きはそのままで、足を「1・4・5回目」で踏むパターンや「1・4・6回目」で踏むパターンなどがありますので慣れてきた人はそちらも練習してみてください。

※どのパターンでも両手の叩く位置は一緒です。

 

このように、ドラムセットやスティックがなくても今この画面を見ながら椅子に座って練習を始めることができるのです。

ドラムというのは決して敷居の高い楽器ではなく、このような簡単な練習からだんだんと曲に派生していくだけなのです。

それに、ギターやベースというのは音を出すために「弦を押さえる」「弦を弾く」という二つの動作をしなければ音は出ませんが、ドラムというのは一番原始的な楽器なので叩けば誰でも音は出ます。

なので自宅で練習したパターンと同じことをドラムに座ってやるだけでいいのいうことですので、極論自宅でも屋外でもどこでも自分の体一つで曲の練習もできるのです。

 

ここで挙げた8ビート以外にも、4ビート・裏打ち・16ビートなど様々なパターンが存在しますので、慣れてきたら別のパターンに挑戦してできるレパートリーを増やしていきましょう。

自宅での練習に慣れてきたら…

毎日自宅で練習をしていくうちに、だんだんといろんなパターンに慣れてくると思います。

そうしたら是非一度本物のドラムを叩いてみましょう!

では、どこに行けば本物のドラムを思いっきり叩けるのでしょうか?

正解は「バンド練習スタジオ」に行けば思い切りドラムを叩くことができます。

初めてスタジオに行くのはちょっと怖いという人のために、スタジオで練習するための手順を書いてみますのでこの通りに進んでいけば誰でも簡単に予約が取れ練習することができます。

  • STEP.1
    近くのスタジオをネットで検索する(バンド/スタジオ などで検索するとヒットします)
  • STEP.2
    自分が行きたいスタジオを決める(GATEWAY STADIO/SOUNDHOUSE NOAH/StudioPentaなどが有名)
  • STEP.3
    スタジオに電話をかけると以下のような流れになります

    店員

    「お電話ありがとうございます!〇〇スタジオ〇〇店です!」
    「あっ、ドラムの個人練習を予約したいんですけど…」

    自分

    店員

    「個人練習ですね!レンタルなどはなにかございますか?」
    「いや、特にないです。初めてなんですけど…」

    自分

    店員

    「かしこまりました!それではご予約のお名前とお電話番号をお伺いします!」
    「〇〇です。電話は…です。」

    自分

    店員

    「かしこまりました!それでは…(注意事項や当日の会員証の発行のための持ち物を言われます。)」
    「わかりました。」

    自分

    店員

    「ありがとうございます!それでは○月○日○時から、ドラム個人練習でお待ちしております!」
  • STEP.4
    当日に時間に遅れないようにスタジオに行く(スティックはレンタルはありませんので必ず持参するようにしましょう。)
  • STEP.5
    受付に「○時から予約の〇〇です。」と伝えて時間になったら部屋に入るorその場で先に清算&会員証の作成
  • STEP.6
    スタジオに入ったら思いっきりドラムを叩こう!(練習したパターンを右手→ハイハット、左手→スネア、右足→バスドラム、左足→ハイハットに繋がってるペダルを踏むだけで叩いてみよう)
  • STEP.7
    終了時間の5分前には必ず片付けを済ませて部屋を出る
  • STEP.8
    まだ清算が終わってなければ清算を済ませて帰宅
始めはスタジオというのが敷居が高く感じる方も多いかと思いますが、スタッフさんはとても優しいですし、一度スタジオで大きな音でドラムを叩くとまた音の迫力に病みつきになります。

ドラムのセットんどでわからないことがあった時も、スタッフさんに聞けば親身に教えてくれます(そうやってドラムセットの構造をだんだんと覚えていくのです)。

一度行ってしまえば敷居はかなり低くなりますので、最初の勇気を振り絞ってぜひスタジオに遊びに行ってみてください。

少しドラムに慣れてきたら…

基本のパターンにも慣れてスタジオにも何回か遊びに行った、だんだんど自信がついてきたら今度は曲に挑戦してみましょう!

楽譜は最近ではネットなどに落ちているものもありますし、通信販売で有料でしっかり販売されているものや楽器屋さんにもちゃんと売っていますのでそこから購入できます。

ここではとりあえず初心者の方が叩きやすい曲を何曲か紹介していきます。

いきなり最初から難しい曲に挑戦すると挫折の大きな原因になってしまいますので、まずはこのような簡単な曲から練習していくとどんどん自信がついていき、合わせる楽しさも感じてもらいやすいかなと思います。

楓(スピッツ)

日本を代表するバンドの一つであるスピッツの名バラードです。

ゆったりとしたテンポで基本の8ビートが叩ければあとはちょっとしたかっこいいフレーズをいくつか練習するだけで初心者の方でも十分叩き切ることができるレベルです。

しかも曲としての知名度もかなり高いため、「あ、俺スピッツの楓叩けるよー」と友人にも自慢できます。

まずはこの曲で音と合わせる楽しみを感じてみてはいかがでしょうか?

GIVE ME FIVE!(AKB48)

人気アイドルグループのAKB48が自分たちでバンド演奏することでヒットした曲です。

テンポは速く感じるかもしれませんが、4ビートが基本なのでそこまで速くはないですし、何より本人たちでも演奏できるようにとフレーズも非常にシンプルで簡単のものばかりです。

アップテンポの曲が練習したいという方には是非オススメの一曲です。

It’s My Life(BON JOVI)

世界的ロックバンドのこの曲は芸人の「なかやまきんに君」がネタで使っていたこともあり、耳にしたことが暑方も多いのではないかと思います。

とにかくシンプルなドラムパターンなのですぐにできるようになるかと思いますし、なんといってもこの曲は思いっきり叩くのが爽快です。

原曲でも感じるあのダイナミックな音圧につられて、スタジオでもついつい力強く叩きたくなってしまうのではないでしょうか。

洋楽好きやストレス発散も兼ねてなら是非この曲を。

まとめ

今回はこれからはドラムを始めたい人のための参考情報をいくつかまとめてみました。

多くの方が自宅の連取環境などを考えドラムを始めることを断念してしまうのではないかと思いいますが、このように自宅で機材がなくてもドラムは十分練習できる敷居の低い楽器なのです。

それに、ギターやピアノなどに比べると初心者の人の上達が早い楽器でもあります。

毎日コツコツ続けていれば、1・2ヶ月後には簡単な曲を叩くくらいは十分いけるはずです。

そして一人で練習していたものを他の人と合わせてみたとき、あなたはきっと音を合わせる快感に病みつきになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です