ベースレッスンを受けたい方はこちら

ベース初心者が知っておきたいアンプの種類や特徴とおすすめまとめ

ベースを購入する際に一緒に買っていただくものの中で特に重要なのが「アンプ」です。

エレキベースというものは基本的にアンプから音を出すことを前提としてつくられていますので、極端にいうとアンプがなければベースは弾けないのです。

初心者セットなどを講習してしまえばもちろんアンプ自体もついていると思いますが、中にはそのアンプが壊れてしまったり、もっといいものがほいしいと思っていたり、最初から初心者セットじゃなくっていいのが欲しい!という方もいらっしゃるのではないかとおもいます。

そこで今回はベースアンプに関する簡単な基礎知識の部分をいくつか解説していきたいともいます。

そもそもアンプとは?

アンプとは、「amplifire(アンプリファイア)」という言葉の略称で、この単語自体の意味が「増幅する」という意味の言葉です。

ベースから送られてきた電気信号を増幅させスピーカーを使って外にアウトプットするというのがアンプの役割です。

ベース本体では音が小さいためこのように送られてきた電気信号を増幅させることで大きな音を出すという仕組みなんですね。

また、アンプにはイコライザーといって音質や音のキャラクターを変化させることができいるつまみがついています。

これをうまく操作することで自分の理想とする音色に近づけていくことができます。

この作業のことを一般的に「音作り(おとづくり)」と呼びます。

ベースアンプの主な種類

ベースアンプと一口に言ってもいくつかのタイプに分けることができ、それぞれに特徴がありますので、それをまとめていきましょう。

セパレートタイプとコンボタイプ

ベースアンプの形状は大きく分けるとこの2つに分けることができます。

セパレートタイプというのは音が実際に出るスピーカー部分と、プリアンプ部分(音量調節や音質コントロールなどの音を整える役割を持つ部分)が分かれているタイプのアンプです。

ライブハウスやリハーサルスタジオなどでは基本的にこのセパレートタイプのアンプが使われている場合が多いです。

比較的大型のものが多く、キャビネットと言われるスピーカーの部分だけでは音が出ないので上段部分のヘッドアンプも一緒に購入しなければいけなかったり、操作するつまみも多かったりと、どちらかというとライブなどの実践の場で使われる玄人好みのアンプという感じでしょうか。

対してコンボタイプというのは、ヘッドアンプとキャビネットというように分かれているわけではなく、それぞれが一体になっているアンプで、簡単にいうと「それだけで繋げば音が出る」というアンプです。

サイズも様々で、家庭用とて使える小型なものから、プロがステージで使うかなり大型のものまで様々です。

コンバタイプはそれ一つだけで音が出る仕組みを備えていますので、持ち運ぶような環境にはとても便利だったり、操作もセパレートタイプに比べると楽なので、初心者の方はこのコンボタイプのアンプの方が色々と都合が良いのではないかと思います。

チューブアンプとソリッドステートアンプ

先ほども書いたように、アンプというのは電気信号を増幅させることが目的ですが、その増幅方法の違いによってまた2つの種類に分けることができ、この違いが出音のキャラクターに大きな違いを生みます。

チューブアンプは”真空管”と呼ばれるパワー弦をもとに電気信号が増幅されるタイプのアンプのことで、出音は非常に温かみがあるのが特徴です。

太く甘い音色から特にプロのミュージシャンからは人気の高い機種となっていますが、真空管というのは消耗品のため使っていくうちに電気信号の増幅が弱くなっていきます。

使用頻度にもよりますが消耗してきたら交換することになりますので、その辺のメンテナンスには多少手間がかかります。

ソリッドステートアンプは真空管ではなくトランジスタという半導体で電気信号を増幅させるタイプのアンプになります。

チューブアンプに比べて音がクリアなのが特徴で、トランジスタの場合は真空管と違い交換する必要がありませんのでメンテナンスなども非常に楽なのがメリットです。

エフェクターなどをつなぐ際にも、トランジスタタイプの方が元ので音がクリアなので音諸侯のノリが良く相性が良いとされている扱いやすいアンプとなっています。

また、チューブアンプは真空管の消耗などにより出音に個体差がある程度ありますが、ソリッドステートアンプは個体差がかなり少なくどこに行っても同じような設定で同じような音がいつでも作れるというメリットもあります。

必要なサイズはどのくらい?

それではいざアンプを選んでいくときに、上記で挙げたタイプの中から選んでいくのですが、その前に把握しておかなければならないのが「アンプのワット数」です。

このワット数というのは出力できる音の多いさの違いを表したもので、ご自身の練習環境によって最適なワット数のアンプを選ぶことが大切になってきます。

10~30ワット

屋内や自宅での練習用としては10~30ワットのアンプがオススメです。

自宅ではそれほど大きい音で練習するわけではありませんし、ワット数が少ないほど値段も自ずと下がってくるのでこの辺で十分だと思います。

30ワット以上のアンプを選ぶとどんなに音を絞っていてもある程度の音量は出てしまうので近所迷惑になってしまうかもしれません。

最大でも30ワット以下に抑えるということを頭に入れておきましょう。

30ワット~

30ワットを超えてくると、小規模なライブなら十分使えるレベルの音量を出すことができます。

ワット数の小さいアンプでも最大出力を出せばこのクラスの中くらいの音量と同じくらいの音が出るかもしれませんが、低音の出方や音割れの感じなどがやはり30ワット以下のアンプだとチープに聞こえてしまいます。

また、バンドメンバーで路上ライブや簡単な屋外ライブがやりたいという際にもこのくらいのサイズのアンプがあるとしっかりとベースらしい低音のある音が出るのではないかなと思います。

また、どちらの規模のアンプを買う上でも絶対に確認しておかなければならないことは、「ヘッドフォン端子がついているかどうか」です。

最近のアンプには基本的にヘッドフォン端子はどれもついているとは思いますが、確認せずにいざ買ってきたら端子がついていないなんてことがあったら大変です。

ベースの音というのは低音で響くため、音自体が小さくても振動が隣の部屋に伝わってしまったりすることはあります。

特に自宅練習の際には絶対に必要になりますので、必ず購入前に確認をするようにしましょう。

ギターアンプなら持ってるんだけど…

ベースを始められる方の中には、もともとギターをやっていたところから派生して始められる方もいらっしゃるかと思います。

そんな時に「ギターアンプなら前使ってたのがあるからそれでもいいんじゃない?」という人もいますが、基本的にはこれはダメです。

ベースという楽器はギターに比べて基本的に出力が高い楽器になります。

ギターアンプはギターの出力に合わせて作られていますので、キャパを超える電気信号を送ってくるベースがきてしまうと、その出力に耐えきれず最悪の場合ギターアンプが壊れてしまいます。

とりあえずあるからといってギター用のアンプで練習したり演奏したりすることは絶対にやめましょう。

ただし、逆にベース用のアンプでギターを演奏することは可能です。

ベース用のアンプはベースに合わせて高い出力でも耐えられるように作られていますので、ベースよりも出力の小さいギターをそこに通してもなんら問題はないのです。

初心者の方におすすめのベースアンプ

VOX コンパクトベースアンプ(10W)

アンプメーカーとして信頼と実績のあるVOXが自宅練習用として発売している人気のモデルです。

VOX特有のおしゃれな見た目やサウンドにも定評があり、値段も一万円を切るので非常にコストパフォーマンスが高いアンプとなっています。

サイズもそこまで大きくないので、重量も5キロ強位と持ち運びにも便利ですので、お部屋のどこにでも持って行って練習することができます。

Roland MICRO CUBE BASS RX MCB-RX

こちらも音響機器メーカーとして世界的に有名なRolandの商品です。

小型ながら4つのスピーカーを搭載しているので、このサイズからは考えられない音圧感を得ることができます。

また、この商品の最大の特徴は「電池駆動が可能」ということです。

単3電池6本で最大11時間の連続使用が可能となっており、屋外で練習する時や路上ライブの際にも重宝するという声が多いです。

チューナー機能が内蔵されていたり、リズムガイドなども入っているため、練習に飽きた時にはそのような機能で遊んだりするのもいいのではないでしょうか。

VOX ヘッドフォン・ベースギター・アンプ amPlug 2 Bass

こちらのアンプは他のアンプとは違い、「アンプをベースに直接さす」というような使い方になります。

超小型で、ベースケースのポケットに入れておけばどのような場所でもベースに繋ぐだけで、アンプに繋いだヘッドフォンから本格的なベースサウンドを聴くことができます。

単4電池2本で最大17時間の使用が可能と経済的にも優しいですよね。

またAUX端子もついているため、自身の音楽プレイヤーと接続することで、どこでも気軽に音楽に合わせて練習や演奏をすることができます。

また価格も五千円以下と破格で、学生さんなども非常に手に入れやすいというのも魅力の一つです。

メインのアンプとしては心もとないですが、お出かけ用のサプアンプとしては最高の機能を兼ね備えているアンプです。

まとめ

今回はベースのアンプについて最低限知っておくといいというものをまとめてみました。

ベースを始めたばかりの人がアンプ無しで練習してしまい、あとあと変な癖がついて苦労したという話をよく耳にします。

やはり練習というのは本番と同じ環境下でするのが一番いいです。

アンプを常に使っておけば、どのアンプも基本的には同じ使い方ですのでスタジオなどに入った際にもスムーズに準備ができますし、また自分の音作りなどの勉強にもなっていいことばかりです。

特に始めたばかりやこれからベースを始めるという方は必ずアンプを使って練習し、正しい機材に知識や使い方も身につけていきましょう。

〜楽器を上達したい・これから始めたい方は〜

東京の吉祥寺にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。吉祥寺駅から徒歩5分、月額9,800円で1日3時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

スタジオレッスンも行っております

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. オンラインでボイトレをはじめたい!おすすめのスクール6つを徹底比較

  2. 歌が上手くなりたい!ボイストレーニングを自宅やカラオケで行うやり方

  3. 椿音楽教室ってどう?評判・口コミ・料金・レッスンまで分かりやすく解説

  4. Beeミュージックスクールの口コミ・評判・料金・レッスン内容を総まとめ

  5. アバロンミュージックスクールの口コミ・評判がスゴイ!料金や特徴を総まとめ

  1. 【初心者必見】ギターってレンタル出来るの?特徴や注意点とおすすめ5社比較

  2. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  3. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  4. ギタリストなら知ってて当然!ギターが喜ぶメンテナンス術7選

  5. これを知らなきゃギターは弾けない!?読むだけでできるギターのチューニング