ドラムレッスンを受けたい方はこちら

ドラマーへの第一歩!初心者におすすめのドラムスティックと選び方

ドラムを練習する際に必ず必要となってくるもの、それは「ドラムスティック」ですよね。

自分の好きなドラマーさんが、たくさんのスティックを持ち歩いていることに憧れを持っている人も少なくないのではないでしょうか?

ドラムを始めたいと思った時、まず初めにすること…

それこそが「自分のドラムスティックを手に入れること」なのです。

演奏スタイルやジャンルによって様々なメーカーからたくさんの種類が発売されていますが、それぞれにどのような特徴があるのでしょうか?

材質・形状・重さなどの違いによる特徴を知っておくことで、今の自分が選ぶべき最適なスティックを選ぶことができます。

初心者の方だからこそ、初めて買うスティックは失敗したくないですよね。

そこで今回は、ドラム初心者の方でも安心してドラムスティックが選べるように基本的な特徴や選ぶ時のポイント、筆者のおすすめスティックなどを紹介してみたいと思います。

是非参考にしてみてください。

ドラムスティックの特徴

それではまず、ドラムスティックにおけるそれぞれの要素の特徴についてまとめてみたいと思います。

木材(材質)について

ドラムスティックは、プラスチック製のものなども存在しますが、ほとんどの場合木材で作られています。

そしてその木材の中でも、「ヒッコリー」「メイプル」「オーク」という3つの木材が主に使われています。

もちろん、それぞれの木材ごとに「硬さ」「重さ」などに違いがあり、その違がスティックから奏でられる音色に大きく影響を及ぼしています。

それでは代表的なものをひとつづつ紹介していきます。

ヒッコリー

クルミ科の樹木で、ゴルフクラブのシャフト(柄の部分)として使われていたらしいです。

適度な重さがあり、強度にも優れていることから最も多くのドラムスティックで採用されている定番の木材です。

弾力性があり、しっかりと跳ね返りがあるのでそういった点でも扱いやすい木材です。

音はクリアでクセがなく、暖かみがある音が出せるということでどんなジャンルでも使えるオールマイティな木材なため、誰しもが必ず1セットはこのヒッコリーのスティックをもっているのではないでしょうか。

定番の木材のため、各メーカーから多種多様なスティックが発売されていることから、多くのドラマーに人気の高い木材となっています。

斗出した特徴がないことから、初心者の方でも非常に扱いやすい木材となっているためおすすめです。

メイプル

メイプルとは「かえでの木」のことで、非常に硬く弾力性がありながら、非常に軽量な木材となっています。

軽い分スティックを振りやすいので、繊細な音や手数を要求されるジャズやクラシックなどの音楽を演奏するのに適しているとされています。

耐久性の面では、重量が軽い分少し劣りますので、ハードに叩く人だと結構簡単に折れてしまうかもしれません。

木材が硬いので、シンバルなどの金物を叩くとしっかりとした抜けのいいまとまった質感のある音を奏でてくれるため、ライドを使ったビートが主体となるようなジャズなどの音楽の際には好んで使われます。

表面がツルツルしているので、非常に手になじみやすいというのも特徴の一つです。

オーク

落葉樹であるナラの木の総称です。

非常に加工しやすく、ドラムスティックだけでなく、ヨーロッパなどでは家具やフローリング、ワイン樽などにも広く使用されている木材です。

3つの中では最も比重が重く硬い木材となります。

そのため強度も高く折れにくいため、ハードに叩くロック系ドラマーにはこの木材を好んで使っている人も多いです。

音質的にも非常にパワフルで重量感のある音を奏でることができ、まさにロック向きと言った感じですね。

逆に、繊細な音量コントロールが必要となるような音楽には不向きと言えるでしょう。

また、高い強度を誇りながらも加工しやすい木材となっているため価格も割と安価なものが多いので、コストパフォーマンスにも優れています。

見た目的には、上の2つは木目が白いのに比べ、オークは木目が黒いのが特徴となっています。

 

そのほかにもアルミやカーボンなどと言った素材もありますが、初心者の方には扱いづらいと思いますので、基本的には木材でできたスティックを選ぶようにすると良いでしょう。

チップの形

チップとは、「ドラムスティック先端部分の丸くなっている部分」のことを指します。

このチップの形も非常に様々な種類があり、音や叩き心地に大きな影響を及ぼしています。

ボール(丸型)

ロックなどをジャンルによく使われる最も一般的な形と言えます。

丸い形のチップになるので、どんな叩き方でもドラムに均一にあたることから、安定した音を出しやすく、初心者の方にもおすすめの形状です。

音の粒だちがよくんバラつきのない安定性と音量が出しやすい一方で、音の変んかというのはつけにくいため、タッチの繊細さが求められるジャズやソウルなどでのジャンルではあまり向かないとされています。

また、この形状は一般的なため商品の数も非常に多く、デザインや太さなども色々なものから選べるというところも良い部分ではないでしょうか。

スクエア(四角型)

ボール型と非常に似ているのでよくみないとわからないかもしれませんが、少し上から潰したような形になっており、「俵型」や「樽型」と呼ばれることもあります。

ボール型と似たような形状のため割と性質は似ていますが、ボール型よりも打った時の設置面が大きくなるため、音量や音の太さを稼ぎやすくなっています。

ボール型と同じくロックなどのジャンルと相性がいいため多く使われており、性質もバラつきのない音を出せることから初心者の方が扱うのに向いていると言えるでしょう。

また、少し高度ではありますが、チップの丸い面と少し平たい面を叩く際に使い分けることで、ボール型よりも音の変化をつけやすくなっています。

ティアドロップ(涙型)

チップの先が涙型(楕円)になっているタイプです。

チップの先に向かって細く平たくなっているような形で、場所によって打った時の設置面の大きさが異なるため、音量や太さにばらつきが出やすいです。

逆に捉えると、チップの角度を調整することで細かな音量調整をすることが可能となります。

音量や音質を調整することが要求される玄人志向の音楽にはこの形状というのは非常に武器になります。

ジャズやクラシックを中心に演奏するドラマーにはこの形状が広く愛されており、繊細なタッチで演奏することが可能とっています。

音のバランスを整えるのが難しいので、初心者の方が扱うには少し不向きではないかなと思いますので、購入の際には注意しましょう。

トライアングル(三角形)

ティアドロップよりもさらにチップの先にかけて細くなっているタイプのものです。

より繊細な音の変化をつけることに特化した形状で、スティックの跳ね返りなどもキャッチしやすいため、手数の多いジャズなどで好んで使われています。

ティアドロップよりも接地面の差が激しいため、扱いはかなり難しくなっています。

こちらも音のばらつきがかなり激しいため、初心者の方が扱うには難しいタイプとなっています。

チップの素材

チップには形状の違いもありますが、素材も様々な種類があります。

ウッドチップ

スティックの素材がそのままチップになっているものです。

素材が木材なので、暖かく柔らかい音を出すことができます。

ですが、耐久性としては弱くチップが欠けやすいため、スティックが折れなくてもチップが割れてしまうことで買い替えを余儀なくされるという場合も少なくありません。

ナイロン

チップのみがナイロン製(プラスチック)になっているものになります。

ウッドチップに比べ高度が高いため、アタック感の強い音質になります。

チップでシンバルなどの金物を叩くとしっかりとした輪郭がある音を奏でることができるため、そのような表現をよく使う演奏などでは活躍します。

強度も高く耐久性に優れているため、1セット買ったら長期間使うことができるでしょう。

スティックの太さ・長さ

次に、スティックの太さ・長さについて説明をします。

一般的に「太い・長い」スティックは重量が重いため、それに伴って大きくて太い重量感のある音を奏でることができます。

反対に「細ぃ・短い」スティックは重量が軽いため、繊細で軽快な音、音量を抑えた演奏などの際に向いているとされています。

また、スティックの握る部分(お尻の方)のことを「グリップ」と言いますが、この部分の太さは、自分が握った時のグリップ感がフィットするものを選んだ方が良いです。

あまり太すぎたり細すぎてもコントロールがしにくいので、購入の際には色々な太さのスティックを握ってみるといいと思います。

メーカーに共通してスティックの長さ・太さ・形を表す規格があり、中でも5Aというのが標準になりますので、それを基準に自分に合う太さのものを探していくといいでしょう。

スティックの重心

例えば2つのドラムスティックがあり、どちらも重さ・長さ・素材が同じ条件だったとしても、降った感じの重量感が違ったりすることがあります。

これは何が違うのかというと、そのスティックが持っている「重心」の違いからくるものです。

スティックの重心を調べるには、左右どちらかの人差し指にスティックを乗せてみてください。

落ちずにバランスよく乗っかった時に、人差し指が触れている場所がそのスティックの重心部分になります。

それがスティックの真ん中部分よりもグリップ側に来ていれば、そのスティックは重心が手元寄りにあるため軽く感じるはずです。

逆にチップ側にある場合は、そのスティックの重心は先端寄りにあるため降った時に重く感じるはずです。

これは遠心力による重さの感じ方の違いなので、実際のスティックの重さは関係ないものになります。

軽く感じるスティックが好みなら重心が手元寄りにあるものを、重さを感じながら演奏したい場合はチップ側に重心があるものを選ぶようにすると良いでしょう。

初心者におすすめするスティック

材質・チップの形状・重さなどの点からそれぞれの特徴を書いてきましたが、ここで筆者が思うおすすめなスティックの条件をいくつか挙げてみたいと思います。

まず素材はヒッコリーのものがいいでしょう。

理由としては、とにかく数が多いので形や重さ・太さなど色々な種類のものから選ぶことができるため個々にあったものが見つかりやすいからです。

また、音響特性もクセがなくどんな音楽にでも程よくフィットするオールラウンダーなため、これを買っておけば間違い無いという感じでしょう。

スティックの跳ね返りや価格帯から見てもヒッコリーを選んだ方がいいと思います。

チップの形状に関しては、ボールかスクエアを選ぶといいでしょう。

初心者の方でも安定した音量と粒揃いを得ることができるということからこの2つの形状のものをお勧めします。

また、ジャズやクラシック、フージョンなどを将来的に演奏したいという方でも、いきなりティアドロップ型などの形状のものを使うのはお勧めしません。

まずはしっかりとしたスティックコントロールを得るためにも、まずは安定した粒の音を出せるボール、スクエア型のチップを選びましょう。

スティックの重さに関しては、始めたばかりの初心者の方やこれから始めたいという方に関しては、なるべく重いスティックを使うことをおすすめしています。

これはなぜかというと、初めの頃に「スティックの重さを感じながら叩く」ということを身につけてほしいからです。

短いものやスティック自体が細いもの、重心が手元にあるものは降った時の感触が軽く感じてしまうため、力任せにスティックを振るクセがついてしまう方が多いのです。

力(パワー)というのは、重さ×スピードによって変わってきますので、その重さを生かしてスピーディーにスティックを振ることを身につけるためにもまずは少し重めのスティックから使い始めることをおすすめします。

また、各楽器店からオリジナルのスティックも発売されていることがよくあります。

その場合、有名メーカーのものが2本で1500円ほどなのに対し、オリジナルメーカーのものは6本入りで1500円や2000円といった形で安く手に入れることが可能な場合があります。

そのような商品は初心者の方でも扱いやすいような一般的な仕様になっているものが多いと思いますので、店員さんに聞いてみて自分の手になじみそうであればそれも選択肢に入れるといいかもしれませんね。

まとめ

今回はドラムを始める上での第一歩である、ドラムスティックについてまとめてみました。

もちろん同じメーカーの中でも様々な仕様のものがあるので、メーカーで決めるというよりかは、今回挙げた「材質」「チップの形」「重さ・太さ」「重心」などの点をある程度自分で言葉にできるようにしておくといいかもしれません。

例えば「ヒッコリー材でチップはボール型、太めの重心が少しチップ寄り…」みたいな感じで言葉にできると、自分で選ぶ時にも選びやすくなると思いますし、店員さんに一緒に選んでもらう際にも自分のイメージするスティックを選んでもらいやすくなるでしょう。

そして、ドラマーにとってスティックというのは消耗品です。

叩いているうちに金物で削れてきたり、上達してショットが強くなればその分折れる確率だって上がります。

私の知り合いのプロドラマーの方なんかは、「大体スタジオ3回目で折れるねー」といっている方もいらっしゃるほどです。

もちろん、演奏するジャンルにもよるかと思いますが、そうなってくるとコスト面も購入の大事なバロメーターになるかと思います。

そして勘違いしてはならないのは、「安い=悪い」ではないということです。

先ほど例にあげた、楽器店ごとに出しているオリジナルスティックなども、価格は安いですが決して粗悪なものなわけではありません。

もちろんこだわりを持って選んでいる人にとっては少しもの足しないような仕様かもしれませんが、真っ直ぐなロックを得意としている人ではそのようなスティックを10年選手でも使っていたりします。

大切なのは自分のレベルや演奏したい曲によってどんなスティックがいいかを選ぶことです。

その結果やすいスティックを購入するという選択でも何ら問題はないわけです。

皆さんもスティックを買いに行きたいなと思った際には、事前にどんなジャンルで演奏してどんな音を出したいのか、自分のレベルだったらどのような仕様のものが扱いやすいのかというのを、ぼやっとでもいいのでイメージしてから楽器屋さんにいくようにするといいのではないでしょうか。

〜楽器を上達したい・これから始めたい方は〜

東京の吉祥寺にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。吉祥寺駅から徒歩5分、月額9,800円で1日3時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

スタジオレッスンも行っております

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. オンラインでボイトレをはじめたい!おすすめのスクール6つを徹底比較

  2. 歌が上手くなりたい!ボイストレーニングを自宅やカラオケで行うやり方

  3. 椿音楽教室ってどう?評判・口コミ・料金・レッスンまで分かりやすく解説

  4. Beeミュージックスクールの口コミ・評判・料金・レッスン内容を総まとめ

  5. アバロンミュージックスクールの口コミ・評判がスゴイ!料金や特徴を総まとめ

  1. 【初心者必見】ギターってレンタル出来るの?特徴や注意点とおすすめ5社比較

  2. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  3. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  4. ギタリストなら知ってて当然!ギターが喜ぶメンテナンス術7選

  5. これを知らなきゃギターは弾けない!?読むだけでできるギターのチューニング