ギターのレッスン動画を視聴したい方はこちら

知っておきたいギターケースの基礎知識!おすすめのタイプを場面ごとに解説

ギターを持ち運ぶ際に必ず必要になってくるのがギターケースです。

大切なギターをしっかりと守りながら、なおかつ持ち運びの際には快適なものを選びたいところですね。

しかし、ギターを買った際についてくるケースは少し頼りな買ったり、必要以上に重かったりと、耐久性や使い勝手に不便を感じすぐに買い換えてします人も多いようです。

そこで今回はそんなギターケースの主な種類とシーン別にどのようなケースがオススメか紹介してみたいと思います。

主なギターケースの種類について

ソフトケース

とにかく軽さ重視のケースで、初心者よのギターに不足してついてくるケースはほとんどの場合がこのソフトケースです。

ナイロンで作られたシンプルな構造のもので耐久性はさほど高くはありません。

またクッションなどはほとんど入っていないため持ち運び時の衝撃にも弱く、ギターをしっかり保護したいという目的には不向きです。

しかし、近場などにちょっと移動して楽器を使用する場合など、持ち運びを簡易的に行いたいときなどには非常に重宝するギターケースです。

ギグバッグ

ソフトケースの持ち運びやすさにクッション材など使い耐久性を高めているのがギグバッグです。

ソフトケースに比べクッション材の分外からの衝撃にも強くなっているため、安心感はこちらの方があります。

また、ポケットの数や大きさがソフトケースに比べ多様なものが多く、練習の際に必要な小物(チューナー、シールド、ピックなど)も一緒に入れておける機能性があります。

そしてこのギグバッグは各メーカーから様々なデザインのものが発売されており、皮を使ったものや女性も嬉しいおしゃれな見た目のものも多く存在するため、自分の気に入ったデザインのものが見つかる可能性も高いです。

中にはギターケース用のレインコートまで付属でついているものもあるとか。

セミハードケース

セミハードケースはギグバッグと近いものですが、ギグバッグよりさらに耐久性に優れたもで、頑丈さを重視しながら持ち運びやすさも損なわずより安心してギターを持ち運ぶことができます。

こちらのケースはハイエンド系のギターメーカーからも多く発売されており、そのような高いギターを安全かつ楽に持ち運んでいくために作られたことから、あなたの大切なギターもより安全に持ち運ぶことができるでしょう。

その分、クッション材や構造上ソフトケースやギグバッグよりは重さがあるので、とにかく軽量なギターケースを探しているという方は購入の際には注意が必要です。

ハードケース

自分の大切なギターに絶対傷をつけたくないという方は迷わずハードケースを購入しましょう。

木や強化プラスチックなど硬い素材で作られているため、ギターを衝撃からしっかりと守ってくれます。

ハイエンド系ギターを購入するとこのケースが不足でついてくることが多いので、このケースで持ち運ぶと「いいギター使ってるんだな」というように見てもらえることも多いです。

ただ、頑丈な分重量も一番重く、普段頻繁に持ち運びをするような人にはあまり向いているとは言えません。

移動手段をお持ちの方や、それでも安全性には変えられないという方には非常にオススメです。

各シーン別で選ぶおすすめギターケース

電車移動の場合

電車など公共機関での移動の場合、外からの衝撃が多く加わることが予想されます。

ですので、ソフトケースで持ち運びをすると、大切な自分のギターがふとしたことで傷ついてしまったり破損してしまう可能性があります。

しかし、かといってハードケースのような大きく重量もあるものは周りの人への迷惑を考えるとあまり好ましくありません。

ですので、ギグバッグやセミハードケースといった強度もそれなりにありながらも大きさや重量的にあまり迷惑にならないようなものを使うと良いでしょう。

車移動の場合

こちらも車の振動などである程度ギター本体に衝撃が加わることが予想されます。

しかし公共機関の移動手段とは違い、周りに迷惑をかけるということもありませんし、自分の目的地の近くまで行くことができますので、そういった場合にはしっかりと強度のあるハードケースがオススメです。

ギターケース内では最強強度を誇りますので、走行中の振動やちょっとした衝撃からもしっかりと大切なギターを守ってくれることでしょう。

また、一緒に何か荷物を積みたいという場合も、ギグバッグやソフトケースだと置く場所や置き方をデリケートに考えないといけませんが、ハードケースの場合どんどん上に重ねていっても問題ないため安心できます。

雨の場合

悪天候時にはギターを守ることもさることながら、自身が安全に動けることやいざという時に身を守れる状態を保っておくことが重要です。

そのため、ハードケースは頑丈ですがどうしても片手がふさがってしまうためあまりオススメとは言えません。

かといってソフトケースのようにあまりにもペラペラなんものを使うと、ギターへの浸水の原因となり安心してギターを持ち運ぶことができません。

そこで、使うケースはギグバッグかセミハードケースを選択し、さらに楽器屋さんなどで売っているギターケース用のレインコートを被せましょう。

そうすることで自分自身はしっかりと両手が空くため安全で、かつ雨からもしっかりと楽器を守ることができます。

もともとレインコートが付属でついているギグバッグなども売っているようですし、100均で売っているものでもレインコートは代用できるものもあるようですので、調べてみても面白いかもしれませんね

ライブなどの場合

ライブハウスでは、基本的に自分たちの出番以外の時はライブハウスの楽屋に機材や楽器を置いておきます。

その際に出演者全員がそこに置いているわけですからどうしても上に重ねられてしまったり、他の人の楽器を取った際に自分の楽器が倒されたということもよくあります。

ですので、そのような危険をしっかりと回避するためにはハードケースを使うのがオススメです。多少場所もとりますし、持ち運びも大変ですが、ライブというのはそう頻繁にあるわけでもないので、その時だけ我慢して持ち運べば他の人の演奏中も安心してみていることができますよね。

せっかくの楽しいライブが台無しにならないためにもハードケースを使って安心できるようにしておくといいでしょう。

長期的に弾かない場合

お仕事の関係や、新しいギターを買ったなど、猪木的にギターを弾かなくなることもあるかと思います。

ギターというのは、ボディ・ネック・ヘッドなどほとんどの部分が木材でできているため、湿度の変化に非常に敏感です。

外に出したままにしておくと、それこそ湿度の変化をもろに受けることになるためネクの反りなどの原因になります。

ハードケースに湿度調整剤を入れ保管しておくことで湿度の変化を一定に保ち、ギター自体に負荷がかかるのを防いでくれます。

またハードケースで保管すると、傷などもつきにくいため、綺麗な状態でギターを保管することができます。

まとめ

ギターを選ぶのと同じくらい大切な「ギターケース選び」。

いつまでも自分のギターを綺麗に保っておくために色々なシーンに分けてケースを使い分けるといいでしょう。

最近ではデザインも非常におしゃれなものが増えてきましたので、自分の個性を主張するためのアイテムとしてもこだわってみてはいかがでしょうか。

藤原 佑貴

藤原 佑貴YUKI FUJIWARA

5年間様々なライブ経験を経て、24歳で音楽講師としての会社に所属。3年間ワンマンライブやレッスンノウハウを勉強したのちMUZYXを設立し、当サイトを通じてバンドの練習に役立つ情報を発信しております。

〜楽器を上達したい・これから始めたい方は〜

東京の吉祥寺にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。吉祥寺駅から徒歩5分、月額9,800円で1日3時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 自宅でドラム練習!電子ドラムで練習するメリット・デメリットを解説

  2. ベース界の王様!フェンダーベースの種類と初心者にもおすすめシリーズを紹介

  3. 100以上のコピーバンド経験者が教える初心者にオススメな簡単練習曲

  4. ベース初心者の方に送る簡単にコピーできるおすすめ練習曲6選

  5. 優先して買うべきベースエフェクターは?初心者ベーシストにおすすめ

  1. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  2. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  3. ギタリストなら知ってて当然!ギターが喜ぶメンテナンス術7選

  4. これを知らなきゃギターは弾けない!?読むだけでできるギターのチューニング

  5. これがないとギターは弾けない!?エレキギターを始める際に必要なもの6選