ギターのレッスン動画を視聴したい方はこちら

解説!初心者ギタリストが購入前に知っておくべきレスポールの知識

エレキギターと一口に言ってもその種類は様々で、各モデルごとに音色や似合うジャンルなど様々な特徴があります。

そんな中、昔からたくさんのアーティストたちに愛されてきたモデルのギターの一つが、「レスポールタイプ」と呼ばれるギターです。

その力強くも甘い音色、ひょうたんのような丸みのある見た目は男性ロッカーのみならず女性ギタリストからも根強い人気があります。

今回はそんなエレキギターの超王道とも言える「レスポールタイプ」のギターに初心者の方にもわかりやすく解説してみたいと思います。

レスポールギターの特徴

レスポールというのは元々ギタリストの名前で、このモデルのギターを使っていた「レス・ポール」さんの名前が由来になってつけられたものです。

1950年代に初めて登場し、その頃もう一つの王道ギターであった「ストラトキャスター」と一緒に長い音楽の歴史の中で不動の地位を確立したエレキギターでもあります。

ひょうたんのような形状のボディには「女性のボディラインを彷彿とさせる」とまで言われるセクシーな曲線美を持ち、一方で甘く太とくも力強さを併せ持ったその音色は、長年にわたって音楽界を牽引するアーティストたちもこぞって愛用してきた名ギターです。

特にレスポールの王様とも言えるメーカーである「GIBSON」の1958年/59年モデルあたりのビンテージギターになるとその価格は跳ね上がり、数百万はくだらない代物となってくることから、高級ギターとしても名高く、それ以外にもスタンダード・ジュニア・スペシャル・カスタムなど様々なモデルを展開してます。

レスポールギターの特徴としては以下のようなものが挙げられます。

ボディ

メイプルトップ&マホガニーバックのボディ構造が一般的で、バック材に使われているマホガニーと言われる木材は粘りのある中音域~低音域に特徴を持っています。一方トップ材として使われるメイプル材はきらびやかな高音域に特徴のある木材です。

二つの木材を組み合わせてボディを形成しているので、重量的には他のギターに比べて重くなってしまいますが、サステイン(音の伸び)やレスポールならではの太い音は単板ギターのストラトキャスターにはない音の特性を持っています。

見た目は上にも記したようにひょうたんのような形が特徴で、左右対称なマルビを帯びたボディ形状に、ハイフレット部分は弾きやすいようにネックとボディの結合部分は片側がカットされています。

スタンダードなものだと片側だけがカットされているものが多いですが、両側共カットされているモデルもあり、そちらは「DC(ダブルカッタウェイ)」というような呼ばれ方をします。

トップに貼り付けられたメイプル材の見た目的大きな特徴としましては、美しい木目を持ったものが多く、レスポールギターにもその美しさはもちろん反映されています。

フレイムメイプルという横に木目の入ったトラの柄のような模様のものが多く、角度によて表情を変えるその木目はまるで宝石を思わせるような美しさです。

他にも、キルトメイプルやいわゆる”木”というような感じの木目もあり、好みによって見た目を選ぶのも楽しみの一つですね。

ネック

ネックに使われる木材もボディのバック材と同じマホガニーが一般的です。

またレスポールギターのネックの大きな特徴としては、一般的なギターよりも太く作られているという点です。

ネックを太く作ることで、弦振動が豊かになりもちろんそれが音にも影響してきます。

しかしレスポールすべてのモデルでネックが太いわけではなく、レスポールスタンダードと呼ばれるモデルのギターは少し細めに作られています。

手が小さい方や女性でレスポールギターを使いたいという方はこのモデルのギターを選んでおくとのちに自分のプレイアビリティにも影響してくるのではないかと思います。

とは言っても先にも説明した通り、一般的なギターよりは太く作られていることには変わりないので、その点は購入時に十分ご注意ください。

指板

ギターのフレットが打ち付けてある面のことを指板と言いますが、指板にも様々な種類があります。

レスポールタイプのギターには主に「ローズウッド」という木材が使われることが多いです。

見た目的には茶色っぽい色の木材で、音色的にはアタック感が少なく粘りとサステインがあるのが特徴です。

ボディ材の音響特徴とも相まって、非常に甘いで音を演出してくれます。

また「レスポールカスタム」と呼ばれるタイプのモデルには、ローズウッドではなく「エボニー(黒檀)」と呼ばれる木材が使用されることが多いようです。

ローズウッドよりも木材の値段自体が高いので高級なギターによく使われる指板で、音響特性はローズウッドと非常に似ていますが、エボニーの方が硬いためローズウッドよりもアタック感が強く出るという特徴を持っています。

そしてギターの指板にはポジションマークというものがあり、フレット数を瞬時に把握するための目印が売ってあります。

レスポールタイプのギターには「ブロックインレイ」というものが採用されており、モデルによって多少形は異なりますが、台形や長方形の形でマークが打たれています。

インレイの材料は貝でできており、種類によって位色合いや模様も異なるため、選ぶ際に色々と見比べてみてください。

ピックアップ

ギターには鳴らした生音を拾ってアンプなどに信号として送るための「ピックアップ」というものがついています。

レスポールタイプのギターには「ハムバッカー」と言われるピックアップが主に採用されます。

こちらの音響特性も太く甘い音色で、どちらかというと鋭くはなく丸みのある暖かい音が特徴です。

ボディのお尻側についているピックアップを「リア」と言い、ネック側についているピックアップを「フロント」と言います。

ネックの尾張側にある「ピックアップセレクター」というレバーでどのピックアップを使って音を鳴らすかを選択でき、演奏の場面によって使い分けていきます。

ハムバッカーというピックアップは「ノイズに強い」という特徴があり、強く歪ませた時にストラトなどのギターよりもノイズが乗りにくいので、ハードロックなどの歪みの強い楽曲にも最適です。

レスポールギターのボディーに多くされている塗装は「サンバースト」と呼ばれるタイプのカラーリングです。

2009年に「けいおん!」というアニメが爆発的に流行り、その際に主人公の持っていたギターがレスポールだったことから当時このアニメを見ていた学生や多くの方がこのレスポールギターに憧れを抱いたと思いますが、その主人公の持っていたレスポールギターもこのサンバーストカラーのものでした。

ボディの内側は元々の木の色に近く、外側の淵に近づくにつれて色が濃くなっていくというそのカラーリングは、多くの著名なアーティストも多く愛用しているカラーリングです。

また他にも「ゴールドトップ」と呼ばれる黄金に輝くカラーリングも人気で、日本でいうとシンガーソングライターの「斉藤和義」が愛用するレスポールギターがこのゴールドトップのカラーリングが施されています。

おすすめレスポールメーカー

様々なブランドがこのレスポールタイプのギターを発売しています。

中でもおすすめメーカーをいくつかピックアップしてみました。

GIBSON

レスポールといってまず最初に思いつくのがこのメーカーです。

「レスポール」という名前はGIBSON社の商標登録の名前なので、本来レスポールと名乗っていいのはこのGIBSONのギターのみとなります。

他のメーカーのギターはレスポールではなく厳密には”レスポールタイプ”のギターと呼ぶのが正しいです。

現在ではカスタムショップと言われる100万円以上のギターがゴロゴロ販売されるクラスから、初心者の方にも手に入れやすいモデルのもの(それでも15万円前後)まで幅広くあります。

レスポールを買いたいという人が辿り着く憧れのメーカーの一つですね。

Epiphon

GIBSON派安いモデルと言っても15万円前後は見なければならないので、社会人の初心者の方などは頑張れば手が出るかもしれませんが、学生の方などあまりギターにお金をかけられない方にはまだまだ手が出ない高級品です。

そんな方の強い味方がこのメーカーで、GIBSON社の傘下になっているメーカーです。

安いものだと3万円くらいからのモデルもあり、少し前まではギター本体の作りに少し難ありという感じでしたが、近年では機械などの発達から作りも割としっかりしてきています。

「まだ自分にはGIBSONは早いかなー」「そこまでまだお金を出すつもりはないなー」という方は是非このメーカーのギターを試してみてください。

TOKAI

こちらは国産でレスポールを多く販売しているメーカーです。

楽器の製作技術は非常に高く、その技術の高さ・精巧さから、有名ブランドや楽器店のオリジナルモデルギターの制作にも多く携わってきました。

その中でもレスポールギターの評価は特に高く、コピーモデルなどを制作する際には「保温毛を凌ぐクオリティ」とまで言わしめるほどです。

国内で生産されるため、本来なら30万以上する仕様のものも15万円程度から入手できることから、GIBSONなどのメーカーを持つ方もサブギターとして買っていることも多いようです。

またサウンド面でも評価は高く、海外のアーティストからも「TOKAIといえばレスポール」ということが言われていることから、このモデルのギターに力を入れていることがわかります。

まとめ

今回はエレキギターの王道の一つであるレスポールタイプのギターについて解説してみました。

見た目、サウンドとも非常に魅力の詰まったこのギターは、プロアマ問わずたくさんのミュージシャンに愛されてきた最高峰のギターです。

またスタンダードなモデルなので手入れもしやすく、初心者の方が購入されても弦交換などの際も非常に扱いやすいギターだと思います。

ギター購入の際には是非選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

藤原 佑貴

藤原 佑貴YUKI FUJIWARA

5年間様々なライブ経験を経て、24歳で音楽講師としての会社に所属。3年間ワンマンライブやレッスンノウハウを勉強したのちMUZYXを設立し、当サイトを通じてバンドの練習に役立つ情報を発信しております。

〜楽器を上達したい・これから始めたい方は〜

東京の吉祥寺にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。吉祥寺駅から徒歩5分、月額9,800円で1日3時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 自宅でドラム練習!電子ドラムで練習するメリット・デメリットを解説

  2. ベース界の王様!フェンダーベースの種類と初心者にもおすすめシリーズを紹介

  3. 100以上のコピーバンド経験者が教える初心者にオススメな簡単練習曲

  4. ベース初心者の方に送る簡単にコピーできるおすすめ練習曲6選

  5. 優先して買うべきベースエフェクターは?初心者ベーシストにおすすめ

  1. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  2. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  3. ギタリストなら知ってて当然!ギターが喜ぶメンテナンス術7選

  4. これを知らなきゃギターは弾けない!?読むだけでできるギターのチューニング

  5. これがないとギターは弾けない!?エレキギターを始める際に必要なもの6選