ギター演奏の必需品!ピックの種類と素材・特徴を徹底解説

ギターを弾く際に必ず必要となるピック。

最近では有名アーティストのライブ会場でも購入できたり、ピックをモチーフにしたアクセサリーも多く発売されています。

ピックというのは非常に小さなものですが、形・硬さ・素材など様々な要素が音に大きく影響します。

また種類もかなり多く、始めたばかりの方はピック一つ選ぶだけでもよくわからないことだらけだと思います。

そこで今回はピックの種類について解説してみたいと思います。

主なピックの形状について

ピックというものは大きく分けると、「おにぎり型」と「ティアドロップ型」に分けることができます。

それぞれに違った良さがあるので、まずはそこを把握しておきましょう。

おにぎり型

3点対象な三角形をしており、一般的にピックと言われて思い浮かべるのはこの形が多いのではないかともいます。

指の接地する面積が多い分、摩擦抵抗が発生しやすくすベリにくいのでコード弾きやカッティングを多用するギタリストやギターボーカルの方、アコギで弾き語りをする方はこの形を使う方が多です。

また、三角形の3点部分すべてで弾くことができるという点で経済面でもメリットがあります。

特に初心者の方はこちらの形を買っておくとたくさん練習できますし、まずは難しいソロなどよりはコードなどから練習されるケースが多いと思いますのでオススメです。

ティアドロップ型

Tear(涙)Drop(雫)という名前の通り涙の雫のような形をしたピックです。

多くのギタリストが使用しており、先端に向かってシャープになっていくので弦の引っ掛かりも少なくスムーズな弾きごごちです。

指の接地面が少ない分、摩擦抵抗が少なくなるので軽い力でピックングをする早弾き着たりとなどは基本的にこの形を使用する方が多いです。

ですが、コード弾き、単音弾きどちらに対してもバランスよく対応できるおピックですのでオールラウンダーとして一枚持っておくといいかもしれません。

また、このティアドロップ型の中に、さらにサイズを小さくした「ジャズ型」と呼ばれる形もあり、小さくなった分ピックの回転などもよりしやすくなり、小回りの効いたテクニカルなプレイを得意とする人に特に重宝されています。

他にも「変形ピック」や「サムピック」といった特殊なものもありますが、まずはこの二つの形の違いについてマスターしておきましょう。

ピックの厚さについて

ピックを選ぶ上で重要な要素の一つである厚さ。

「厚さ=硬さ」を表したものとも言え、「薄いもの=柔らかい」「厚いもの=硬い」となり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ピックの厚さには名前がついており、

  • Thin…〜0,6mm
  • Medium…0,8〜0,9mm
  • Heavy…1,0〜

というような呼ばれ方をします。

薄く柔らかいピックはよくしなるため、弦に対する引っ掛かりが少なくなりコードストロークなどに向いています。

しかし、柔らかい分音量は小さくなるため、屋外での弾き語りなとには少し頼りないかと思います。

厚く硬いピックはしなりにくい分弦をしっかりと捕まえることができるため、その分弦にしっかりと力を伝えることができます。

しかし、硬い分引っ掛かりは強くなり、力が入ってしますとエレキギターなどでは特に弦が細いためすぐに弦が切れてしまします。

そのため弱い力でもしっかりとピッキングをしていく技術が必要となってきます。

始めたばかりの人には中間のMediumがオススメですが、ピックというのは1枚100円だいたいくらいと安いので、同じ形でも色々な厚さのピックを購入し使ってみると、その時の自分が一番弾きやすいものに当たると思いますので、まずはそれを見つけていくのもいいかもしれません。

主なピックの素材について

厚さ同様、音に大きく影響してくるのがそのピックの素材です。

また、持った時の感触も素材によって違い、ザラザラ感やツルツル感で人によって好みも様々です。

各メーカーから様々な素材のピックが発売されていますが、その中でも代表的なものを紹介していきます。

セルロース

ピックの素材の中でも一番の定番と言われるのがこの「セルロース」と呼ばれる素材です。

しっかりと弦に食いついて捉えてくれるため、芯のある音を鳴らすことができるということから多くのギタリストに愛される素材です。

世界一の早弾きギタリストであるポール・ギルバート(MR.BIG)のシグネチャーモデルのピックもこの素材が使われており、信頼度の高さを感じます。

ただ物理的には少し強度が弱いようで、ピックの削れが早かったり、割れやすかったりというデメリットもあるようです。

ナイロン

ナイロンは衣服などの繊維製品にもよく使われることで耳にしたことがある人も多いかと思います。

柔らかいですが非常に磨耗に強く削れにくいのが特徴で、ピッキング時のアタック感(弦とピックが擦れる音)が抑えられるため、出音は丸く優しい印象になります。

アコースティックギターとの相性が非常にいいため、アコギを弾く方には是非一度試してみていただきたい素材です。

またで音も丸く弾き心地も滑らかなためジャズ系やメタルなどの早弾き系でも力を発揮してくれそうです。

ウルテム

ウルテムはべっ甲によく似ている素材で、硬くて滑らかなのが特徴です。

滑らかな素材なので、ピッキングした際に弦を滑っていくような滑らかな弾き心地が特徴です。

中にはウルテムから派生した素材で「ウルテックス」というものもあり、こちらは人間の爪に近い感触の素材で、筆者はこの素材のピックを愛用しています。

少し前まで、ウルテムといえば「黄色の透明」の色しかほぼ見かけませんでしたが、最近ではカラーバリエーションも増えてきたようで、デザインも選べるようになってきました。

アクリル

アクリルは非常に硬く透明な樹脂でできています。

正面がツルツルしているので、弦との摩擦が少なくスムーズなピッキングをすることができます。

しかし、製造時に研磨などで他の素材のピックより少し手間がかかることから、若干値段に差が出てきますので、試しに一枚買ってみるくらいがちょうどいいでしょう。

まとめ

ピックというのはギターを弾いていく上で欠かせないアイテムです。

ここでは一般的なものをあげてみましたが、中には個性的なデザインのものや、ピック自体に穴が空いていたりと変わり種のものも多くあります。

まずは一つのピックにこだわらず、いろんな形や厚さ、素材のものを買ってみてたくさん試してまましょう。

人によって弾きやすい感覚というのは全然違うので、人から弾きやすいものを聞くのも大切ですが、自分が弾きやすいと感じることができるものが一番いいです。

最初はなんとなくで構わないので、自分なりのあったピックを研究してみましょう。

藤原 佑貴

藤原 佑貴YUKI FUJIWARA

5年間様々なライブ経験を経て、24歳で音楽講師としての会社に所属。3年間ワンマンライブやレッスンノウハウを勉強したのちMUZYXを設立し、当サイトを通じてバンドの練習に役立つ情報を発信しております。

関連記事

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  2. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  3. 【これから買う人へ】ギターメーカーおすすめ一覧!安い順に徹底評価

  4. ギター初心者がコード弾きに挑戦!練習法と簡単なコード進行を紹介

  5. ギターの音作りは自分づくり?ギタリスト用の音作り入門講座

  1. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  2. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  3. ギタリストなら知ってて当然!ギターが喜ぶメンテナンス術7選

  4. これを知らなきゃギターは弾けない!?読むだけでできるギターのチューニング

  5. これがないとギターは弾けない!?エレキギターを始める際に必要なもの6選