必要な機材

ギターのオンラインレッスンをするには、以下が必要です。

  エレキギター アコースティックギター
ギター本体
ピック
チューナー
アンプ
シールド

こちらではそれぞれのオススメを紹介していきますので、まだお持ちでない方で「どれを買えばいいか分からない!」という方は参考にしていただけたらと思います。

ギター

まずはギター本体を用意しましょう。

ギターの種類はかなり多いですが「どれが一番!」というものはなく、それぞれ特徴が違いますので、選び方を紹介していきます。

エレキorアコギ

ギターには「エレキギター」と「アコースティックギター(アコギ)」の大きく2つの種類があります。

  • エレキギター

    アンプに繋ぐことで様々な電子音を出すことが出来ます。バンドの曲を弾きたい場合には相性が良いですね。
    小さめなので初心者の方は弾きやすいですし、生音も小さいので自宅でも練習しやすいメリットがあります。

  • アコースティックギター

    アンプに繋がずにそのまま音を出します。弾き語りに多いですね。
    エレキと比べると大きいので初めての人は弾きにくかったり、音も大きいので自宅で練習しずらいデメリットがあります。

どちらも押さえ方や弾き方は基本一緒なので、「初めはエレキで練習して後からアコギを買う」という方法でもアリです。

初めは安いものを選ぶ

「どんな音が出したいか」「どんなカタチがいいか」「どんなジャンルを弾きたいか」

などなど、希望を聞かれてもギターを初めたばかりの時にはよく分からなかったり、後から変わることもあるので、

「初めは練習用として安いものを選んで、後から本当に欲しいギターを買う」

という方法もアリです。

 

ギター以外にもまだ何も用意していない場合には「ギター初心者セット」がオススメ。1〜2万円前後と安価ですし、ギターの性能もお値段以上になっています。

他にも、ピックやチューナー、エレキギターの場合にはアンプなど必要なものもついてくるので、これだけ買えば全部揃うのもいいところですね。

好きなアーティストの使ってるギター

「初めは安いものから」という考え方とは逆に、初めから良いギターを買うという方法です。

よくあるのが「自分の好きなアーティストの使っているギター」ですね。もちろんプロが使うギターなので値ははりますが、高いギターを買うことで練習が楽しくなったり、触るたびにワクワクしたりと、ギター練習にとても大事な「モチベーション」が高まります。

予算がある方で、好きなギタリストがいる場合には、思い切って買ってみるのもアリです。

迷ったら楽器屋で選ぶ

楽器屋さんに行くと、ギターに詳しい店員さんから、あなたに合ったものを紹介してもらえます。

また実際にギターを見て触って選んだ方が、細かい音の違いが分からなくても、「カタチが気に入った」と見た目で選んでみたり、「軽くて持ちやすい」と実用性で選ぶことができます。

注意点

ギターを買うときの注意点が2つあります。

  • 中古は買わない

    不具合があるものも多く、買ってすぐに修理に出す羽目になったり、思うように練習できなかったりすることがあるため、初心者のうちに中古ギターを買うのはあまりオススメできません。

  • 変わったものは選ばない

    多弦ギター・フレットレス・フライングVなどの少し変わったギターもありますが、初めはオススメしません。特殊な技術が必要だったり、弾きづらかったりするので、まずは一般的なギターを選ぶようにしましょう。

ピック

ギターは基本”ピック”を使って弾きます。

カタチはいくつかありますが、初心者にオススメなのは”三角”か”おにぎり型”。大きいので持ちやすいですし、3つの角が使えるので長持ちします。

硬さはミディアムで良いでしょう。

ピックは1枚100円ほどですし消耗品なので、あまり迷わずにまずは定番のものを買っておけば間違いありません。

チューナー

ギターの弦のチューニングを合わせるために「チューナー」が必要です。

チューナーがないと音がズレてしまった時にはしっかりと練習できなくなってしまいます。

チューナーは以下の2つがオススメです。

クリップ式

クリップ型チューナーとはその名の通り、クリップが付いていてギターのヘッドに直接挟むことでチューニングすることができる機器です。

「チューニングしたい!」という時にサッと出来るので手軽さはMAX。また、シールドを繋がなくてもいいのでアコースティックギターにも相性が良いです。

もちろんライブにも使えるのでシーンに問わず万能。迷ったらこちらを一つ持っておきましょう。

チューニングアプリ

GuitarTuna: ギターチューナー

GuitarTuna: ギターチューナー

Yousician Ltd無料posted withアプリーチ

今ではなんと無料スマホアプリにもチューナーがあります。

スマホでアプリを起動し、スマホに向かってギターを弾くだけで簡単にチューニングができます。

注意点として、周りの音も拾ってしまうので静かな場所でしか使えませんが、自宅での練習であれば全く問題なし。

無料なので是非インストールしておきましょう。

アンプ(エレキ)

エレキギターの場合にはアンプに繋ぐことで色んな音を出すことが出来ます。

エレキはアンプを繋がないと本来の楽しさが無くなりますし、アンプを使うことで細かい音まで聞こえるようになるのでより上達します。

「自宅で大きな音が出せない」という場合にも、ヘッドホンをさせるので問題ありません。オススメは以下の通りです。

※アンプは歪ませられるものを選びましょう。(”GAIN”のつまみがついているもの)

VOXコンパクト ギターアンプ

横幅38cmのコンパクトなギターアンプ。音も良いですし、歪ませることも出来るので、これ1つあれば長く使うことができます。

多少の音が出せるご自宅にオススメです!

オレンジ ミニアンプ

高さ・幅が15cmほどの小型アンプです。小さいですが音もよく、見た目もカワイイので人気があります。

「部屋にアンプを置く場所がない」「あまり大きな音は出せない」という場合にはオススメです。

シールド(エレキ)

アンプやチューナーに繋ぐためのケーブルを「シールド」と言います。

シールドによってギターの音も変わるのですが、初めは安いもので構いませんので1本用意しておきましょう。

【選ぶポイント】

  • 長さ

    シールドの長さを選ぶことができます。スタジオ練習などで立って弾くときには3m、自宅の練習だけで使うなら1mがオススメ。

  • 片方L字

    ギターの差し口は下に付いていることが多いので、シールドを差したまま座ると折れ曲がってしまい断線の原因になるため、シールドの片方がL字になっているものを選びましょう。

決められない場合は「初心者セット」がオススメ

なかなか決められない場合には「初心者セット」を購入すると、安く全部揃うのでオススメです。

「ギターは持っていて、それ以外がない」

という場合にも付属品だけのセットがあるので、こちらを参考に選んでみてください。

その他分からないことがあればお気軽にお問い合わせ下さい。