ベースのレッスンを受けたい方はこちら

ベース初心者限定!今日から始めるベースの基礎知識と練習方法

いざベースを始めたいと思い色々調べてベースも購入した!この時点であなたはベーシストへの第一歩を踏み出しました。

いよいよ自分お新しい相棒と練習をしていきたいところですが、始めのうちはいきなり教本を見ても楽譜をどう読んでいいのかわからなかったり、文章を読んでも専門的な用語が多くてどれのことを指しているの変わらなかったりで混乱してしまうことも多いかと思います。

そこで今回は、今初めてベースを持ったあなたが最低限知っておきたいベースの仕組みや各部の名称などをまとめていきたいと思います。

これをしっかりと覚えてマスターするだけで、この後の練習の進みが全然違いますので、ぜひ読んでみてください。

ベースのよくでてくる各部名称

ボディ

ベース本体の部分(持ったときに体が接着する木の部分)のことを指します。

ジャズベースやプレシジョンベースなど様々な種類によって大きさにも違いがあり、またここの部分に使われる木材の違いにより音に大きな変化が出てきます。

ベースの一番核になる部分です。

ネック

ベースの本体から出ている細長い部分のことです。

ベースを弾くときにはこの部分を左手で(左利きの方は右手で)下から持ちます。

一番頻繁に触る部分なのでこまめにクロスなどで拭いてあげるようにするといいと思います。

指板

ネックにの上に貼られている木材のことです。

ネックは丸くなっていて握る部分の反対側は平らになっていると思います。

よく見るとその部分に木の継ぎ目のような張り合わせている境目が見えませんか?

そのネックに貼ってある木材の部分のことを指板と言います。

ヘッド

ネックの際の方で、ベースの一番上に当たるところです。

ほぼ全てのベースがこのヘッド部分にそれぞれのメーカーのロゴが入っています。

ペグ

ベースのヘッドググンについている金属製の小さな鵜一話のような形のものです。

これを回すことでそこにつながっているベースの弦がしまったりゆるまったりするので、音の高さを調整することができます。

ベースというのは「弦楽器」と呼ばれる楽器で、ベース本体に貼ってある太い針金/ワイヤーのようなもの、これを「弦」と言います。

ベースには基本的には4本の弦が貼ってあります。(物によっては5本や6本の多弦ベースというものもありますが、今回は省略します)

この4本の弦にはそれぞれ1~4弦まで番号が振ってあります。

一番下の細い弦のことを1弦といい、一番上の太い弦のことを4弦というように呼びます。

フレット

ベースの指板の上に縦に打ち込まれている鉄製の棒のようなパーツのことです。

弦が当たる部分ですので、長年同じ楽器をずっと酷使しているとだんだんとすり減ってきてそこの部分を打ち直したりすることもあります。

ボリューム/トーン

ベース本体についているつまみのようなものです。

一般的なジャズベースの場合だと大きなものが2つ、小さなものが一つついていると思いますが、大きなものがボリュームで小さなものがトーンのつまみになっています。

プレシジョンベースでは同じ大きさのノブが2つついており、本体のネック側になるつまみがボリュームでお尻側にあるつまみがトーンとなっています。

もちろん機種によっても多少の仕様の違いはありますので、ご自分の楽器のつまみに関しては色々といじってみてもらうといいと思います。

ベースの繋ぎ方

練習する時

それでは実際にベースを練習する前にベースとアンプをつないでいきましょう。

用意するものは、

  • ベース
  • アンプ
  • シールド

です。

先ずはベース本体とアンプをつないでいきます。

この時に特にアンプの方で注意していただきたいことがあります。

それは、「必ず電源がOFFになっていることを確認する」ということです。

稀にコンセントをさしただけでアンプの電源が入ってしまていることがありますので、必ずコンセントをさしたらアンプの電源がOFFになっていることを確認しましょう。

確認ができたらつないでいきますが、ベース本体の方には普通シールドが刺さる部分は1k箇所しかありません。

しかしアンプの方には刺さる穴が数カ所ある場合があります。

ベース本体とアンプをつなぐ際に刺さなければいけない場所はアンプの「INPUT」という場所です。

この場所に刺さないとどれだけつまみをあげても音が出ることはありませんので注意してください。

お互いをつないだら電源をつけていきますが、その時に「アンプのつまみが全て0になっていること」を必ず確認するようにしましょう。

つまみが上がったまま電源をつけたり消したりすると機材の故障の原因になります。

つまみを確認したら電源をつけます。

そしてアンプのつまみを回し音を出していきますが、この時に「VOLUMEのつまみは必ず最後に回す」ということを覚えておいてください。

先ずはVOLUME以外のつまみを真ん中くらいまであげます。

そのあとベース本体のVOLUMEをあげ、最後にアンプのVOLIMEつまみをベースを弾きながらゆっくりと回していきます。

必ずゆっくりです。いきなりあげるとこの世の終わりくらいの音量が出ますので注意しなければいけません。

この手順を守っていけば、大きすぎる音が出てしまったり機材が壊れてしまうことを防ぐことができます。

練習が終わったら

練習が終わったら今度はアンプとベースを取り外します。

まず、全てのつまみを0にしましょう。

練習が終わったからといってすぐに電源を切ると機材が故障する原因になります。

0になったことが確認できたらアンプの電源を切り、お互いのシールドを抜いて大丈夫です。

ベースはベーススタンドに、アンプは新家の少ないところにしまいましょう。

ベースのポジションの押さえ方

ベースというのは指定されたポジションの弦を押さえて弾いていくことで曲になっていくわけですが、ではどのようにして弾いていくポジションを押さえていけばいいのでしょうか。

例えば、「3限3フレットを弾く」というポジションの指定があった場合、どのように押さえていくのでしょうか?

まずはじめに指定された弦を探しましょう。

指定されているのは3弦なので、弾かなければいけない弦は「上から2番目の弦」です。

そして次にフレットですが、先ほどフレットの説明の際に「指板に打ってある鉄製の棒のようなパーツ」というように説明をしました。

しかし、弾くときに押さえなければいけないのはそのフレット自体ではなく、フレットとフレットの間のブロックの中を押さえていきます。

例えば1フレットなら、ギターのヘッドとネックの境目にある「ナット」と呼ばれる部分と1つ目の鉄の棒の間のブロックを押さえいくような形です。

2フレットなら1つ目の鉄の棒と2つ目の鉄の棒の間を押さえていきます。

ですので3フレットという指定がある場合は、2つ目の鉄の棒と3つ目の鉄の棒の間のブロックを押さえていきます。

この2つを掛け合わせると、「2つ目と3つ目の鉄の棒の間にある、上から2つ目の弦を弾く」というのがこの3限3フレットを弾くという指定に当てはまります。

このようにベースというのは弾く弦とフレットが指定されてそこを弾いていくという楽器になります。

右手の使い方

ベースは右手で弦を弾いていくのですが、右手の使い方は大きく分けrと、

  • 指弾き
  • ピック弾き
  • スラップなどの特殊奏法

に分けることができます。

今回はベーシストなら誰もができて当然の「指弾き」の仕方について触れてみたいと思います。

まずは右手を”ぐー”(👍)の形にします。

次にその右手の親指をベースのピックアップ(ベーそのボディ部分の中心あたりについている黒い棒のようなパーツ)に乗せます。

その状態から人差し指と中指をピースのように出してみてください。(親指はピックアップに乗せたまま)

その2本の指で交互に弦を弾いていきます。

最初は窮屈な感じがすると思いますが、必ず親指はピックアップから離れないようにしましょう。

  • ※右手の脇がお大きく開いてしまうか違いますが、あまり開きすぎないようにある程度脇をしめるように心がけましょう。

それでは練習してみよう!

ベースのポジションの押さえ方がわかったところで少し練習をしてみましょう。

Cメジャースケール

次の文章で指定されるポジションを順番に弾いていくとある音階になります。

それはなんでしょうか?

  • 3弦3F(フレット)→2弦0F(0フレットというのは「開放弦」と言い、左手の弦を何も押さえない状態で弾くということです)→2弦2F→2弦3F→1弦0F→1弦2F→1弦4F→1弦5F

いかがですか?

ちゃんと指定された通りに順番に弾いていくと、「ドレミファソラシド」の音階になって聞こえるはずです。

この「ドレミファソラシド」のことを”Cメジャースケール”と言います。

このとき、なるべく右手の指は交互動かすようにしましょう。

逆にいうと、弾いていったときに「ドレミファソラシド」に聞こえなかった場合、指定されたポジション通りに弾けていないということになりますので、再度見直して弾いてみてください。

何度か弾いていき、慣れてきたら逆方向に「ドシラソファミレド」と弾いていく練習もしていきましょう。

それにも慣れてきたら、今度はその音階を使って「きらきら星」や「チューリップ」などの簡単な曲を弾いてみましょう。

クロマチック練習

これはベースだけでなくギターなどの練習としても世界一有名な練習の一つです。

非常に単純な動きで地味な練習ではありますが、ベースを弾いていく上での左手の指を鍛えることや右手の指使いなど必要な要素が全て入っているといっても過言ではない練習です。

それゆえに、最近の教本などにはどれをみても必ずこの練習は載っています。

やり方は以下のようなやり方です。

  • STEP.1
    4弦1F(フレット)を左手人差し指で抑えて、そこから2F→中指・3F→薬指・4F→小指というように順番に押さえながら弾いていきます。

    ※左手→必要以上に指がバタバタならないよう弾いた指は指板につけたままにしておく(2Fを弾くときは1Fに人差し指がついたままの状態、3Fを弾くときは2Fの中指も指板についたままの状態)
    右手→人差し指と中指を必ず交互に弾くようにしましょう

  • STEP.2
    4弦でやった同じ動きを3~1弦まで繰り返していく。
  • STEP.3
    1弦まで終わったら、左手の指の動きを逆にして、4(小指)→3(薬指)→2(中指)→1F(人差し指)の順番で弾いていく。

    ※左手→先ほどとは違い、指は一本ずつ抑えていく(前に弾いた指をつけておかなくても良い)
    右手→動きは変わらず、必ず指を交互に動かす

  • STEP.4
    1弦でやった同じ動きを2~4弦まで繰り返していく。
  • STEP.5
    4弦まで戻ったらフレットを一つ上げ、4弦2Fから同じことを繰り返す。
  • STEP.6
    行って戻ってきたらあがるの繰り返しを、人差し指が12Fに来るまでやる(1セット)
今あげた2つの練習は非常に単純な動きになっていますのでまずはこのような簡単なものでたくさんベースに触れることで、楽器自体い慣れていくということが大切です。

上達というのは慣れですので、とにかく先ずはベースという楽器に慣れましょう。

まとめ

今回はベースを買ったばかりの人が知っておいたほうがいい最低限の知識や各部分の名称、そして簡単な練習方法までを解説してみました。

独学で練習していくのは始めわからない用語だらけでなかなか進まずイライラするかもしれません。

事前にこれくらいの知識を知っておくことができれば、いざ教本などで練習する際にもスタートでつまずくことはないかと思います。

練習自体は地道ですが、それと同時にアンプの使い方などの基本的な機材の知識も少しずつつけていくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です