エレキギター

ピックスクラッチ

【ピックスクラッチ:解説動画】

ピックで弦の上を滑らせることで「ギュイーーン」という音を出す奏法です。

ロック・パンク系を中心に使われるアクセント。練習フレーズと合わせてアドバイスをお伝えしていきます。

練習フレーズ

冒頭と最後にピックスクラッチを入れたフレーズです。メインはパワーコードとブリッジミュートを使ったフレーズとなっているので、まだ練習していない場合には先に練習しておきましょう。

ピックスクラッチとは

ピックスクラッチとは、ピックの側面を弦に押し当てながら滑らせることで音を出す奏法です。

ポイント1、巻弦を使う

4・5・6弦は「巻弦」と言って、弦がグルグルと巻かれた状態になっています。

ピックスクラッチの仕組みとしては、このグルグルと巻かれているところを滑らせることで音がなるので、ピックスクラッチをするときには4〜6弦で行いましょう。

ポイント2、ピックの側面を使う

普段弾くときにはピックの先端を当てて弾いていましたが、ピックスクラッチは手の角度を変えてピックの側面を当てて音を出します。

ピックスクラッチをしてからすぐ”通常弾き”に切り替えられるように練習してみましょう。

ピックスクラッチ にも音程がある!

ピックスクラッチ というのは、ほとんどの方が「キューーーーン!」という感じの捉え方をしていて、音程というところを気にしたことがない方も多いのではないかと思います。

しかし、ピックスクラッチ にも音程がちゃんとあります。

とはいって”ド”や”レ”のようにしっかりとした音階があるという意味ではなく、「音程の上がり下がりがある」という意味になります。

ピックの側面を巻き弦(4・5・6弦)に当てた状態で、ブリッジ側(ギター本体お尻側)にピックを滑らせていくとピックスクラッチ の音はだんだん高くなっていきます。(キューーーーン⤴︎)

反対に、ギターのヘッド方向(先端側)にピックを滑らせていくと、だんだん音は低くなっていきます。(キューーーーン⤵︎)

自分のコピーしたい曲でピックスクラッチ が出てきた際に、ピックを滑らせて音を出すだけでなく、スクラッチ音が下がっていっているのか、上がっていっているのか、下がってから上がっているのか、上がってから下がっているのかなど、どのような音程の変化が出ているのかをしっかりと聞き分けてスクラッチを取り入れていくようにしましょう。

〜ギターを上達したい・これから始めたい方は〜

東京の吉祥寺にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。吉祥寺駅から徒歩5分、月額9,800円で1日3時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

質問する

この記事へのコメントはありません。

   

コメントするには会員登録をしてください。

   

記事を読む

おすすめ記事 最新記事
  1. 【初心者必見】ギターってレンタル出来るの?特徴や注意点とおすすめ5社比較

  2. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  3. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  4. ギタリストなら知ってて当然!ギターが喜ぶメンテナンス術7選

  5. これを知らなきゃギターは弾けない!?読むだけでできるギターのチューニング

  1. アバロンミュージックスクールの口コミ・評判がスゴイ!料金や特徴を総まとめ

  2. ボーカルレッスンMyU(ミュウ)の評判がすごい!サービス内容や料金など総まとめ

  3. ボカロ曲も楽々!綺麗でカッコイイ裏声の出し方と自宅でできる練習法

  4. 【最新版】シアーミュージックの評判を総まとめ!注意点から悪い口コミまで完全網羅

  5. 【初心者必見】ギターってレンタル出来るの?特徴や注意点とおすすめ5社比較