エレキギター

タッピング奏法

【タッピング・解説動画】

「ライトハンド奏法」とも呼ばれる、右手で弦を叩いて音を出す奏法。ヘビーメタルなどの早弾きフレーズでは良く出てきます。

こちらでは「タッピングとは何か」を解説していきます。

【タッピング・解説動画(実践編)】

こちらでは、実際にタッピングのしかたやコツ、楽曲への応用などを合わせて解説しています。

上の解説動画と合わせて見てみましょう。

練習フレーズ

タッピングの練習フレーズ。出だしは12フレットに左手の人指し指を固定、15フレットに左手の薬指を構えておき、「T」が付いているところを右手でタッピングしていきます。

フレーズ中にタッピングが入る応用フレーズです。

タッピング奏法

ライトハンドとも呼ばれる、早弾きなどによく使われる奏法です。

これまでギターの弦はピックで弾くことで音を出してきましたが、押さえることでも音を鳴らすことが出来ます。

ポイントとしては、優しく押さえると音は出ませんので、ポンポンと叩くイメージ。ピアノの鍵盤をイメージしてもいいですね。

また、アンプを使わずに生音だと音がわかりづらくなるので、是非アンプにつないで練習してみてください。

ミュートをしっかり!

タッピングしている弦以外はしっかりとミュートしましょう。タッピングする方の手(右手)を弦の上に乗せてミュート&固定します。

リズムキープが重要!

速弾き系の技術は沢山ありますが、その中でもこのタッピング という技術は両手でフィンガリングを行う分、比較的簡単にたくさんの音を出すことができる奏法となっています。

その反面、フィンガリングだけでリズムをキープするというのはやってみると意外と難しいことに気がつくのではないかと思います。

特に速弾きという技術に関しては、ただ速くたくさんの音を出せるというのが速弾きができるということではなく、速さの中でもしっかりとリズムやテンポをコントロールできているかというのが非常に重要な要素になってきます。

ここで題材にしているフレーズは三連符(タカタ・タカタ・タカタ・タカタ)のリズムがずっと続くものになっています。

「とりあえず速く弾ければいいや」という練習ではなく、しっかりと三連符のリズムが意識できるスピードからゆっくり練習をしていきましょう。

〜ギターを上達したい・これから始めたい方は〜

 

東京にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。月額9,800円(税込)〜で1日2時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

質問する

この記事へのコメントはありません。

   

コメントするには会員登録をしてください。

   

記事を読む

おすすめ記事 最新記事
  1. 池袋のおすすめ楽器屋11店を総まとめ!初めてでも失敗しないガイド

  2. 失敗しないオンラインギターレッスンの選び方!おすすめ教室7つを徹底比較

  3. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  4. 【初心者必見】ギターってレンタル出来るの?特徴や注意点とおすすめ5社比較

  5. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  1. 【初心者必見】ギターの23つの種類を総まとめ!選び方から特徴まで徹底解説

  2. ギター買取サービス13社を徹底比較!おすすめ高額買取の方法を解説

  3. ピアノ買取おすすめ比較ランキング!相場〜評判・口コミまで11社を総まとめ

  4. 池袋のおすすめ楽器屋11店を総まとめ!初めてでも失敗しないガイド

  5. 吉祥寺のおすすめ楽器屋6選!評判・口コミの高い楽器屋を厳選比較