エレキギター

アンプの使い方

エレキギターは基本的にはアンプに繋いで弾きます。こちらではカンタンなアンプの使い方を紹介していきます。

必要なもの

  • アンプ
  • シールド

アンプは家庭用の小さいものもありますので用意しましょう。

またアンプとギターを繋ぐコードも必要です。こちらはシールドと言います。

繋ぎ方

まずはシールドをギターに繋ぎましょう。ギターのおしりのあたりにシールドが差さるジャックがあると思いますので、さしましょう。

続いてシールドのもう片方を、アンプの「INPUT」と書かれているジャックにさします。

電源を付ける時の注意

ギターとアンプを繋いだらアンプの電源を付けるのですが、この時に必ずアンプ側のつまみを全て0にしてから電源を付けて下さい。

音が出る状態で電源を付けるといきなり大きな音が鳴ってアンプが壊れてしまうことがあります。

音の出し方

それでは早速音を出していくのですが、ボリュームを上げるのは最後です。

まずはボリューム以外のつまみ【TREBLE・MIDDLE・BASS・GAIN】などを、大体12時くらいまで上げましょう。(この時点ではまだ音は出ません)。

続いて、ギター本体のボリュームを上げていきます。ギターのボディにつまみがいくつかついていますが、全て時計回りに最大まで回して下さい。

最後にアンプのボリュームを上げていきます。【Volume・Level】などの表記になっていると思います。

ここで注意したいのは、アンプによってはちょっとボリュームを出しただけでも大きい音がなってしまうことがあります。

なので、片方の手でギターの音を適当に鳴らしながら、少〜しずつボリュームをちょうどいいところまで上げて行きましょう。

電源の切り方

電源を切る時には、必ず全てのつまみを0にしてから電源を切りましょう。

音が出る状態で電源を切ると故障の原因になります。

音が出ない時

この手順通りにやったのにアンプから音が出ない時の理由は以下3つのことが考えられます。

  • シールドが上手く刺さっていない
  • ギター本体のボリュームが0になっている
  • アンプ・シールド・ギターの故障

特にシールドに関しては、しっかりと根本まで刺さっていないことがあるので確かめたいのですが、

音が出ない時に必ず注意したいのは、必ずボリュームを0にしてから確認をしましょう。

「アンプのボリューム上げたのに音が出ない!?」と思ってよく見たらシールドがゆるゆるだったので、そのまま深く差したらアンプからボンッッ!!と爆発音が・・!!

というケースはよくありますので、気をつけましょう。