エレキギター

弦とフレットの数え方

ギターを練習する前に覚えておきたいのが弦とフレットです。

それぞれ呼び方があるのでチェックしていきましょう。

ギターには6本の弦が張ってあり、一番太い弦が6弦、一番細い弦が1弦になります。

フレット

ギターのネックには棒状の金属が打ち込まれていますが、こちらを「フレット」と言います。押さえるフレットによって音が変わる仕組みになっています。

フレットの数え方は、画像上の右から1フレット、2フレットと数えます。

ちなみにフレットを何も押さえない状態で弾くことを0フレット。一般的には「開放弦(かいほうげん)」と呼びます。

フレットを押さえる時は金属のところではなく、フレットのブロックの中を押さえましょう。

ポイント

これからギターを練習する時には、「〇弦の△フレットを押さえて!」という風に指定されるので、弦とフレットの数え方を覚えておいて下さい。