エレキギター

ギターの構え方

ギターを弾く時の構え方(フォーム)は、正しい形で練習することでより体の機能を効率的に使うことができます。

もちろん人によって弾きやすい構え方と言うものは多少の誤差がありますが、まずは基本となる構え方をしっかりマスターし練習に取り組んでいくことで、自分なりの構え方を見つけることができるでしょう。

ギターの各部名称

実際の構え方を説明する前に、ここで出てくるギターの各部の名称について触れておきましょう。

ギターは人間の体の各部の名前と対応して呼ばれています。

ボディ

人間で言うと上半身にあたる部分と言うとわかりやすいかと思います。

ボディ部分には「ボリューム」「トーン」「ピックアップセレクター」「ブリッジ」などの部分が含まれていますが、ここでは大きくボディという覚え方で構いません。

ネック

ギターの細長い部分で、人間の首にあたる部分です。

この部分を左手(レフティーギターの場合は右手)で持って演奏をする形になります。

ヘッド

人間で言うと頭にあたる部分で、ギター本体の先端部分のことを指します。

各ギターメーカーのロゴがこの部分に入っています。

 

ギターは大きく分けるとこれらの3つの部分に分けることができます。

実際の構え方

それでは、実際の構え方を見ていきましょう。

  • POINT.1
    自分の左側(レフティーギターの場合は右側)にネック・ヘッド部分が来る形で、ボディの下のくぼみ部分を右太腿(レフティーギターの場合は左太腿)に乗せます。
     
  • POINT.2
    太腿に乗せたギターのボディ部分と自分の体を密着させます。(なるべく間が開かないようにしましょう。)
     
  • POINT.3
    【※重要】右腕(肘より少し下くらい)をギターボディ部分の左下部分に当て、自分の体と挟みギター本体をしっかりと固定させます。(この時、ネックからヘッドにかけて少し斜め上に向いている状態が理想です。)
     
  • POINT.4
    ネックを左手(レフティーギターの場合は右手)で握ります。
     
  • POINT.5
    ネックの向きと体の向きは並行ではなく、少しヘッド部分を前に押し出すような感じで構えます。
     

構える時のコツ

初めのうちはうまく構えることができず、ギター本体が安定しない人の方が多いと思います。

そのような人に共通している考え方として、「左手のネックを握っている手を中心に支えている」と思っている人が多いです。

しかし、実際には自分の上半身部分と右腕を使いしっかりとギターを固定していきます。

手順の3番でも書いてありますが、左手でネックを持っていない状態でギターのヘッド部分を高く保てている状態が理想となります。

その状態を保つことができれば、左手に余計な力を入れずに済むので自由自在に動かすことができるようになります。

左手をネックから話した時にヘッドが下に下がってきてしまうようであれば、まだしっかりとギターを支えられていない証拠です。

また、ネックを握っている方の腕の肘部分が、必ずネックよりも下の位置に来ているようにしましょう。

構えた時に肘がネックよりも上側に来ていると、ネックを握っている方の手の指の関節が固まってしまい、思うように動かなかったり指が開かなくて弾きにくく感じるでしょう。

そしてギターを構えた時の姿勢ですが、あまり背筋を伸ばしすぎると言うのはNGです。

バンドマンやギターをやっている人たちが猫背な人が多いイメージはありませんか?

実際にギターを構える時も、猫背気味になって構える方がギターが安定します。(体全体でギターボディ部分を包み込むようなイメージ)

呻くイメージができない人は、ギターを構えた時に自分側にあるボディ側面と自分の顔の顎部分がかなり近づくように背中を丸めて行ってみてください。(首から上だけを下げるようにするのはNG)

そうするとネック部分を覗き込むような形になるかと思います。

このように多少猫背ぎみになったほうがギター本体が安定しやすいでしょう。

〜ギターを上達したい・これから始めたい方は〜

東京の吉祥寺にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。吉祥寺駅から徒歩5分、月額9,800円で1日3時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

質問する

この記事へのコメントはありません。

   

コメントするには会員登録をしてください。

   

記事を読む

おすすめ記事 最新記事
  1. 【初心者必見】ギターってレンタル出来るの?特徴や注意点とおすすめ5社比較

  2. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  3. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  4. ギタリストなら知ってて当然!ギターが喜ぶメンテナンス術7選

  5. これを知らなきゃギターは弾けない!?読むだけでできるギターのチューニング

  1. アバロンミュージックスクールの口コミ・評判がスゴイ!料金や特徴を総まとめ

  2. ボーカルレッスンMyU(ミュウ)の評判がすごい!サービス内容や料金など総まとめ

  3. ボカロ曲も楽々!綺麗でカッコイイ裏声の出し方と自宅でできる練習法

  4. 【最新版】シアーミュージックの評判を総まとめ!注意点から悪い口コミまで完全網羅

  5. 【初心者必見】ギターってレンタル出来るの?特徴や注意点とおすすめ5社比較