エレキギター

ドレミを弾いてみよう

ギターを弾く準備が出来たらさっそく「ドレミ」から実際に弾いてみましょう。

実際にギターをお持ちになって、一緒に弾きながらご覧になってみてください。

練習フレーズ

ドレミの演奏動画です。合わせて一緒に弾いてみてください。テンポが速いようでしたら初めは再生速度を0.75倍くらいにして徐々に速度を上げていきましょう。

覚えた音階を使ってかえるのうたを弾いてみましょう。

続いてチューリップを弾いてみましょう。ゆっくりでもいいので正確に弾けるように練習していきます。


ドレミを弾いてみよう!

ギターに限らず全ての楽器で一番初めに弾くのが「ドレミ」です。

ギターで実際に音を出してみることと、ドレミそれぞれの音階がどの位置にあるのかを覚えていきましょう。

弾き方

こちらがギターで弾くドレミのTAB譜です。TAB譜には6本の線が引かれており、一番上が1弦、一番下が6弦となっています。

一番初めの【ド】の音は、5弦の3フレットということになります。続いて【レ】の音は、弦が変わって4弦の0フレットです。0フレットとは開放弦ですね。何も押さえないで4弦を弾いてみましょう。

その繰り返しで、ドレミファソラシドまでを弾いてみましょう。

ポイント1、指の担当を決める

それぞれのフレットを押さえる指を決めていきます。

  • 人差し指→1フレット(最後のド)
  • 中指→2フレット(ミ・ラ)
  • 薬指→3フレット(初めのド・ファ)

指を決めることでスムーズにかっこよく弾くことができます。

ポイント2、右手は付けて弾く

弾く方の手は、ギターの端にある【ブリッジ】というところに付けた状態で弾くようにしましょう。

浮かせながら弾くと不安定になるので、正確に弾きやすくするためにしっかりと安定させます。

この時、手が弦に触れないように注意しましょう。手が弦に当たってしまうと音がミュートされてしまいます。

ポイント3、逆も弾く

スムーズに弾けるようになったら【ドシラソファミレド】と逆でも弾いてみましょう。