エレキギター

ローコードを弾いてみよう

【ローコードを弾いてみよう!】

コードの押さえ方が分かったら早速フレーズを弾いていきましょう!右手を上下に振りながら「ジャカジャカ」と弾いていきます。

これが出来るようになると曲が弾けるようになってくるので、楽しみながら練習していきましょう!

練習フレーズ

解説動画前半で紹介しているフレーズです。まずは簡単な4つのコードを使って弾いてみましょう。

解説動画後半で紹介したフレーズです。基本的なストロークを使ってマイナーコードをメインに弾いていきます。

ローコードを弾いてみよう!

コードを押さえられるようになったらリズムを取りながら弾いていきます。腕を上下にジャカジャカと弾くことを「ストローク」と言います。

まずはこの基本的なストロークパターンを覚えたコードを実際に弾きながら練習していきましょう。

基本ストロークパターン

基本のストロークパターンから見ていきましょう。

弾き方は以下の通りです。

  • 「12345678」と数えた時に、音符が付いているところだけ(1・34・678)を弾いていきます。(5番は4と繋がっているので弾きません)
  • 音符の上に付いているのは弾く方向です。が上から下へダウンで、Πは下から上にアップで弾きます。
  • 2と5のVΠには()が付いていますが、こちらは実際に弾かずに空振りをします。2の場合は下から上へアップで手を振り上げますが、実際に弦には当てないようにします。

音で言うと「ジャン・ジャジャン・ジャジャジャ」というストロークになります。

腕は振り続ける

何故弾かないところをわざわざ空振りするのかというと、腕は常に一定のリズムでダウン・アップと振り続けるためです。

常に上下に振り続けることで振り子のようになり、リズムがよれずに安定して弾くことが出来るようになります。

はじめはぎこちなくてもOKですが、だんだんと腕を一定に触れているかもチェックしながら練習していきましょう!

〜ギターを上達したい・これから始めたい方は〜

東京の吉祥寺にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。吉祥寺駅から徒歩5分、月額9,800円で1日3時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

質問する

この記事へのコメントはありません。

   

コメントするには会員登録をしてください。

   

記事を読む

おすすめ記事 最新記事
  1. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  2. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  3. ギタリストなら知ってて当然!ギターが喜ぶメンテナンス術7選

  4. これを知らなきゃギターは弾けない!?読むだけでできるギターのチューニング

  5. これがないとギターは弾けない!?エレキギターを始める際に必要なもの6選

  1. 自宅でドラム練習!電子ドラムで練習するメリット・デメリットを解説

  2. ベース界の王様!フェンダーベースの種類と初心者にもおすすめシリーズを紹介

  3. 100以上のコピーバンド経験者が教える初心者にオススメな簡単練習曲

  4. ベース初心者の方に送る簡単にコピーできるおすすめ練習曲6選

  5. 優先して買うべきベースエフェクターは?初心者ベーシストにおすすめ