エレキギター

まずは8つのコードを覚えよう

【ローコード:解説動画】

曲の伴奏を弾く時の第一歩が「コード弾き」。その中でも2・3本の弦を押さえるだけで簡単に弾けるのが「ローコード」です。

ローコードの種類や押さえ方、コツを解説していきますので、覚えていきましょう!

ローコードとは

これまでは弦を1本ずつ単音で弾いてきましたが、コードは複数の弦を同時に弾く和音になります。

その中でもネック側のフレットを使ったコードを「ローコード」と言います。

開放弦も入るので押さえる弦も2・3本で簡単に弾けますしきれいな音が出やすくなっています。

コード表の見方

各コードはコード表を見て押さえる場所を確かめます。まずは定番コードの「Cコード」を使って見ていきましょう。

横線が6本弾いてありますがこれは弦とリンクしています。上が1弦・下が6弦です。

フレットは左から1フレット・2フレット・・・と上がっていきます。

このCコードの場合、押さえる場所は

  • 薬指:5弦3フレット
  • 中指:4弦2フレット
  • 人差し指:2弦1フレット

の3つを押さえます。

○と✕

何も押さえてない他の弦には左に○と☓の表記がありますが、○が付いている弦は「開放弦で一緒に弾く」という意味になります。

 

一方☓が付いている弦は「音を出さない」という意味になります。Cコードの場合は6弦は☓が付いているので、親指を使って6弦に触れておくことでミュートをしておきます。

上の画像は親指で6弦に触れている状態。しっかり押さえてしまうと音が出てしまうので、そっと触れて弾いても音が出ないようにしましょう。

指はしっかりと立てて押さえる!

コードを押さえたら試しに6弦から1本ずつ弾いてみましょう。きっと鳴っていない弦があると思いますが、この理由は以下の2つが考えられます。

  1. しっかりと押さえられていない
  2. 指が違う弦にも当たってしまっている

初めはどうしても指が寝てしまいがちなので、しっかりと指を立てて指先で押さえるようにすると他の弦に当たらなくなります。

初めての時には「どうしても他の弦に当たっちゃう!」「指が届かない!」なんてこともあると思いますがご安心下さい。みんな初めはそうですが、ダンダンと指が柔らかくなってきて楽に押さえられるようになりますよ!

各コードの押さえ方

それぞれのコードの押さえる場所をまとめておきます。

押さえる指の指定もあるので、まずは基礎に習って覚えていきましょう!

〜ギターを上達したい・これから始めたい方は〜

 

東京の吉祥寺にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。吉祥寺駅から徒歩5分、月額9,800円(税込)〜で1日2時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

質問する

この記事へのコメントはありません。

   

コメントするには会員登録をしてください。

   

記事を読む

おすすめ記事 最新記事
  1. 失敗しないオンラインギターレッスンの選び方!おすすめ教室7つを徹底比較

  2. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  3. 【初心者必見】ギターってレンタル出来るの?特徴や注意点とおすすめ5社比較

  4. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  5. ギタリストなら知ってて当然!ギターが喜ぶメンテナンス術7選

  1. ギターで弾き語りしたい!初心者必見の練習法&おすすめの簡単曲(楽譜付き)

  2. 【初心者必見】ギターを習うべき7つの理由&世代別おすすめ教室比較

  3. ギターをもっと上手くなるには?初心者でもすぐに出来る17の上達法

  4. 失敗しないオンラインギターレッスンの選び方!おすすめ教室7つを徹底比較

  5. ギターFコードを完全攻略!簡単な押さえ方のコツ&指が短くても弾ける方法