エレキギター

パワーコード

【パワーコード・解説動画】

弦を2本だけ弾くカンタンコードですがたくさんの曲に使われる手法です。

押さえ方と弾き方のコツを解説していきます。

練習フレーズ

【練習フレーズ1】
0フレットを交えた練習フレーズです。ストロークは「ダウン・アップ・アップ」と3回目を空振りさせて弾いてみましょう。

【練習フレーズ2】
パワーコードを交えたフレーズです。ブリッジミュート・プリングなどの手法も出てきますので、まだ練習してない場合にはそちらも練習してから挑戦してみましょう。

パワーコード

JPOPやパンクなど、ロック系を中心に使われる手法です。

2つの弦だけを鳴らすことで、一般的なコードと比べて低くクッキリとした音を出すことができます。

押さえるのもカンタンで、様々な曲に使われるのでとてもコスパの良い手法と言えます。

押さえ方

パワーコードの覚え方はとてもカンタンです。

6弦でのパワーコードでは、人指し指でルート音を押さえたら、薬指か小指で5弦の2フレット上がったところを押さえます。

「Fコードの6・5弦だけバーション」というと分かりやすいですね。

5弦のでのパワーコードでもカタチは一緒で、人差し指で5弦のルート音を押さえたら、4弦は2フレット上がったところを押さえます。

こちらも「Bコードの5・4弦だけバージョン」と覚えましょう。

パワーコードはどの音でもこのカタチで押さえれば音が鳴りますので、覚えるのはとてもカンタンです。

0フレットの押さえ方

Eのパワーコードを弾く場合、6弦は開放弦になるので、5弦は2フレット上がった”2フレット”となります。

Aのパワーコードを弾く場合は5弦の開放弦になるので、4弦の2フレットを押さえます。

ミュートをしっかり!

パワーコードは2つの弦だけを弾くので、その他の弦に当たって不要な音が鳴ってしまわないように、しっかりと左手人差し指を使ってミュートしておきましょう。

 

ライトハンドとも呼ばれる、早弾きなどによく使われる奏法です。

これまでギターの弦はピックで弾くことで音を出してきましたが、押さえることでも音を鳴らすことが出来ます。

ポイントとしては、優しく押さえると音は出ませんので、ポンポンと叩くイメージ。ピアノの鍵盤をイメージしてもいいですね。

また、アンプを使わずに生音だと音がわかりづらくなるので、是非アンプにつないで練習してみてください。

〜ギターを上達したい・これから始めたい方は〜

東京の吉祥寺にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。吉祥寺駅から徒歩5分、月額9,800円で1日3時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

質問する

この記事へのコメントはありません。

   

コメントするには会員登録をしてください。

   

記事を読む

おすすめ記事 最新記事
  1. 【初心者必見】ギターってレンタル出来るの?特徴や注意点とおすすめ5社比較

  2. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  3. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  4. ギタリストなら知ってて当然!ギターが喜ぶメンテナンス術7選

  5. これを知らなきゃギターは弾けない!?読むだけでできるギターのチューニング

  1. 初心者必見のギターコード表の読み方!数字やマル・バツなどの見方を解説

  2. ドラムビートの叩き方!最短2週間で叩ける基本ビート5種類【楽譜付き】

  3. エレキギターで弾き語りする際に知っておきたいポイント&おすすめ曲

  4. ベース初心者がまずやるべき基礎練習!始め方から上達のコツまで徹底解説

  5. ギターで指が痛い!痛くならない5つの練習方法&7つのケアアイテム