エレキギター

メジャースケール

【メジャースケール解説動画】

指の動きのトレーニングです。こちらは様々なギターソロやイントロなどのフレーズに多数使われ、これから楽曲を弾くときには大いに役立ちますのでしっかりと練習しておきましょう。

練習フレーズ

以下2つのことに気をつけて練習していきましょう。

  1. 押さえる指:7F=人差し指・8F=中指・9F=薬指・10F=小指
  2. ピッキングの向き:アップ・ダウン・アップ・ダウンとオルタネイトで

メジャースケールとは

メジャースケールとは、

全音→全音→半音→全音→全音→全音→半音

という間隔で並んだ音階のことを言います。「ドレミファソラシド」もこのメジャースケールですね。

様々なギターフレーズでも、このメジャースケールで演奏されることが多いので、この指の動きを練習しておくことで、これから出てくる楽曲がとても弾きやすくなります。

メジャースケールの形

メジャースケールはこのような形になります。

◎(二重丸)はルート音(始まりの音階)になります。「Cのメジャースケールを弾いて」と言われたら、6弦の8フレットから始めるようにします。

TAB譜にするとこうなります。

ポイント1、使う指を決める

指はバラバラで弾くのではなく、フレットによって使う指を決めます。

  • 7F=人差し指
  • 8F=中指
  • 9F=薬指
  • 10F=小指

初めの「6弦8フレット」は人差し指からではなく中指から始まるので注意です。

ポイント2、オルタネートで弾く

ピッキングは「アップ・ダウン・アップ・ダウン」とオルタネートで弾いていきます。

特に4弦と2弦は頭の音がアップピッキングになりますので注意しながら練習しましょう。

練習方法

ある程度弾けるようになったら、F#(6弦の2フレット)からメジャースケールを弾いていき、弾けたらG(6弦の3フレット)→G#(6弦の4フレット)という風に、クロマチックのようにフレットを上げて練習していきましょう。

また、こちらも速く弾けるようになるのが目的ではなく、しっかりと全ての指が動くようにし、間違えないように丁寧に練習をしていきましょう。

〜ギターを上達したい・これから始めたい方は〜

 

東京にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。月額9,800円(税込)〜で1日2時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。

質問する

この記事へのコメントはありません。

   

コメントするには会員登録をしてください。

   

記事を読む

おすすめ記事 最新記事
  1. 池袋のおすすめ楽器屋11店を総まとめ!初めてでも失敗しないガイド

  2. 失敗しないオンラインギターレッスンの選び方!おすすめ教室7つを徹底比較

  3. 初心者がまずやるべきギター練習方法まとめ!曲が弾けるまで最短1ヶ月!

  4. 【初心者必見】ギターってレンタル出来るの?特徴や注意点とおすすめ5社比較

  5. 自宅練習に最適!各メーカーから発売されているおすすめ家庭用ギターアンプ

  1. 【初心者必見】ギターの23つの種類を総まとめ!選び方から特徴まで徹底解説

  2. ギター買取サービス13社を徹底比較!おすすめ高額買取の方法を解説

  3. ピアノ買取おすすめ比較ランキング!相場〜評判・口コミまで11社を総まとめ

  4. 池袋のおすすめ楽器屋11店を総まとめ!初めてでも失敗しないガイド

  5. 吉祥寺のおすすめ楽器屋6選!評判・口コミの高い楽器屋を厳選比較